機能によっては、NSX-T 環境のすべてのコンポーネントで NTP を構成する必要があります。

機能を使用する予定があるかどうかに関係なく、すべてのコンポーネントに NTP を構成することを強くお勧めします。

アプライアンスでの NTP の構成については、アプライアンスの設定を参照してください。

すべてのマネージャ ノードおよび Edge ノードへの NTP の構成については、ノード プロファイルの設定を参照してください。

ESXi ホストへの NTP の構成については、『vSphere セキュリティ』のトピック「Synchronize ESXi Clocks with a Network Time Server」を参照してください。

デフォルトでは、さまざまな Linux ディストリビューションで複数の NTP サービスが実行されます。すべてのリリースで、timedatectl を実行して、同期の状態を確認します。同時に実行できる NTP サービスは 1 つだけです。

デフォルトの NTP サービスでは、次の Linux ディストリビューションがサポートされます。
Linux サーバ NTP クライアント
RHEL/CentOS 7.6 chronyd.service
RHEL/CentOS 7.7 chronyd.service
RHEL/CentOS 8.0 chronyd.service
RHEL/CentOS 8.2 chronyd.service
Ubuntu 18.04 systemd-timesyncd
Ubuntu 20.04 systemd-timesyncd
SLES12 SP4 systemd-timedated