複数の論理コアまたは vNIC キューの複数のコンテキスト機能を構成することで、vNIC からハイパーバイザーへ逆向きに送信されるパケットのスループットを向上させることができます。

[拡張データパス] モードでは、ハイパーバイザーとの間で送受信される vNIC トラフィックに複数のコンテキスト機能を構成できます。複数のコンテキストでは、複数の論理コアが Tx キューと Rx キューを提供できますが、1 つのコンテキストでは 1 つの論理コアが Tx と Rx の両方のキューを提供します。Tx と Rx キューのペアは vNIC キューを表します。

管理者は、現在のネットワーク トラフィックや予期されるネットワーク トラフィックの負荷に基づいて、vNIC キューに複数のコンテキストを割り当てることができます。特定の vNIC キューに構成された 1 つのコンテキストまたは論理コアでは、vNIC キューでトラフィックの負荷が増加したときに、トラフィックのロード バランシングが十分に行われない可能性があります。vNIC に複数のコンテキストを割り当てると、トラフィックのロード バランシングにより多くの仮想 CPU リソースが割り当てられます。

ネットワークの最適化とスループットの向上を行う場合は、次の点を考慮してください。
  • 割り当てられる論理コアの数は、ホストのキャパシティによって異なります。

  • ホストで構成可能な DRSS の数は、ホストで使用可能な物理 CPU の最大数によって変わります。

  • 論理コアは、デフォルトの Receive Side Scaling (DRSS) と複数のコンテキスト キューで共有できます。

  • DRSS と複数のコンテキストはそれぞれ独立して機能します。ただし、これらを組み合わせて構成することで、物理ハードウェアのキュー (DRSS) と vNIC キューのパフォーマンスがさらに向上します。DRSS の構成の詳細については、デフォルト キューの Receive Side Scaling の構成を参照してください。

前提条件

  • vNIC の複数のコンテキスト機能を構成するには、ホストに複数の論理コアが作成されている必要があります。
  • ホスト トランスポート ノードが [ENS 割り込み] または [拡張データパス] モードで準備されている必要があります。標準モードでは、複数のコンテキスト機能を使用できません。

手順

  1. 拡張データパスでホスト トランスポート ノードが有効になっていることを確認するには:
    1. [システム] > [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します。
    2. トランスポート ノードを選択します。
    3. [概要] タブを選択して、Enhanced Datapath Capable パラメータが Yes に設定されていることを確認します。
  2. 拡張データパス モードで管理されている vNIC トラフィックに複数のコンテキスト機能を構成するには、仮想マシンの構成オプションを編集し、次のパラメータ値を設定します。仮想マシンの構成オプションの編集方法については、『vSphere 仮想マシン管理ガイド』を参照してください。
    ethernetX.ctxPerDev = "3"

    3 は、vNIC キューごとに複数のコンテキスト機能が適用されることを意味します。

    コンテキストでは次の値もサポートされます。
    • ethernetX.ctxPerDev =1 は、仮想マシンごとに複数のコンテキスト機能が適用されることを示します。
    • ethernetX.ctxPerDev =2 は、vNIC ごとに複数のコンテキスト機能が適用されることを示します。

結果

拡張データパスで vNIC キューに設定された複数のコンテキスト機能を使用することで、パケットのスループットが向上します。