登録されたクラスタおよびファブリック ノード上のサポート バンドルを収集し、バンドルをマシンにダウンロードするか、ファイル サーバにアップロードすることができます。

バンドルをマシンにダウンロードする場合は、各ノードのマニフェスト ファイルおよびサポート バンドルが含まれる単一のアーカイブ ファイルを入手できます。バンドルをファイル サーバにアップロードする場合は、マニフェスト ファイルおよび個々のバンドルがファイル サーバに個別にアップロードされます。
NSX Cloud のメモ CSM のサポート バンドルを収集する場合、 CSM にログインして、 [システム] > [ユーティリティ] > [サポート バンドル] の順に移動し、 [ダウンロード] をクリックします。 PCG のサポート バンドルは、次の手順を実行して NSX Manager から入手できます。 PCG のサポート バンドルには、すべてのワークロード仮想マシンのログも含まれています。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address/login.jsp?local=true) にローカル管理者ユーザーとしてログインします。
  2. [システム] > [サポート バンドル] の順に選択します。
  3. 収集対象のノードを選択します。
    指定可能なノードのタイプは、 [管理ノード][Edge][ホスト][Public Cloud Gateway] です。
  4. (オプション) ログの収集期間(日)を指定し、指定した日数以前の古いログを除外します。
  5. (オプション) スイッチを切り替えて,コア ファイルおよび監査ログを含めるか除外するかを指定します。
    注: コア ファイルおよび監査ログには、パスワードまたは暗号化キーのような機密情報が含まれている場合があります。
  6. (オプション) チェック ボックスをクリックして、バンドルをリモート ファイル サーバにアップロードするオプションを選択します。
  7. [バンドル収集を開始] をクリックして、サポート バンドルの収集を開始します。
    存在するログ ファイルの数によっては、各ノードの収集に数分ずつかかる場合があります。
  8. 収集プロセスの状態を監視します。
    [ステータス] タブには、サポート バンドルの収集に関する進行状況が表示されます。
  9. リモート ファイル サーバにバンドルを送信するオプションを指定していない場合は、[ダウンロード] をクリックしてバンドルをダウンロードします。
    十分なディスク容量がない場合、マネージャ ノードのバンドル収集が失敗することがあります。エラーが発生した場合は、障害が発生したノードに古いサポート バンドルが存在するかどうかを確認します。障害が発生したマネージャ ノードの NSX Manager UI に IP アドレスを使用してログインし、そのノードからバンドル収集を開始します。 NSX Manager によってプロンプトが表示されたら、古いバンドルをダウンロードするか、削除します。