Tier-0 ルーターから Tier-1 NAT ルートをアドバタイズすることにより、アップストリームの物理アーキテクチャはそれらのルートを学習することができます。

前提条件

NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [Tier-0 論理ルーター] の順に選択します。
  3. NAT を設定した Tier-1 ルーターに接続された Tier-0 分散論理ルーターをクリックします。
  4. Tier-0 ルーターから、[ルーティング] > [ルートの再配分] の順に選択します。
  5. [編集] をクリックして、ルート再配分を有効または無効にします。
  6. [追加] をクリックして、一連のルート再配分基準を追加します。
    オプション 説明
    名前と説明

    ルート再配分に名前を割り当てます。オプションで説明を入力できます。

    名前の例:advertise-to-bgp-neighbor

    送信元 次の送信元を 1 つ以上選択します。
    • [T0 接続済み]
    • [T0 アップリンク]
    • [T0 ダウンリンク]
    • [T0 CSP]
    • [T0 ループバック]
    • [T0 スタティック]
    • [T0 NAT]
    • [T0 DNS フォワーダの IP アドレス]
    • [T0 IPsec ローカル IP アドレス]
    • [T1 接続済み]
    • [T1 CSP]
    • [T1 ダウンリンク]
    • [T1 スタティック]
    • [T1 LB SNAT]
    • [T1 NAT]
    • [T1 LB VIP]
    • [T1 DNS フォワーダの IP アドレス]
    ルート マップ (オプション)一連の IP アドレスをルート再配分から除外するためのルート マップを割り当てます。