グループのローカル IGMP 参加コマンドが Tier-0 サービス ルーター (SR) のアップリンクで構成されている場合、IGMP グループは Edge Linux のアップリンク インターフェイスに参加します。

アップリンク VLAN インターフェイスの指定ルーター (DR) は、グループ g の IGMP レポートを受信すると、ランデブー ポイント (RP) に対して PIM (*,g) join を発行します。

トラフィック フロー:

  1. IGMP 参加は、Tier-0 SR の非アクティブ マルチキャスト ノードのアップリンクに構成されています。マルチキャスト トラフィックは RP から非アクティブ ノードに転送されます。アップリンク インターフェイスが DR かどうかに関係なく、アクティブでないマルチキャスト ノード上で North-South トラフィックは処理されないため、アクティブでないノードでパケットがドロップされます。(s,g) mroute は存在しません。
  2. IGMP 参加は、Tier-0 SR のアクティブ マルチキャスト ノードのアップリンクに構成されています。マルチキャスト トラフィックは RP からアクティブ ノードに転送されます。
    • アップリンク インターフェイスのノードが DR ではない場合、トラフィックはドロップされます。
    • アップリンク インターフェイスのノードが DR の場合:
      • IGMP 参加が、送信元に到達するアップリンク インターフェイスに設定されている場合、着信インターフェイスは (s,g) の発信インターフェイスと同じになり、mroute はインストールされません。
      • IGMP 参加が、(s,g) の着信インターフェイスと異なるアップリンク インターフェイスに設定されている場合、(s,g) mroute がインストールされます。