クラスタ内の NSX Manager ノードのメモリおよび CPU リソースを変更するには、2 つの方法があります。

通常の動作条件では、3 つのすべてのマネージャ ノードで CPU とメモリ リソースを同じにする必要があります。1 つのサイズの NSX Manager から別のサイズの NSX Manager に移行する場合に、NSX 管理クラスタ内の NSX Manager 間で CPU の数またはメモリの量に不一致が生じる可能性があります。

vCenter Server の NSX Manager 仮想マシンにリソース割り当ての予約を構成した場合は、予約の調整が必要になることがあります。詳細については、vSphere のドキュメントを参照してください。

オプション A(同じ IP アドレスを使用してマネージャ ノードのサイズを変更)では、必要な作業が少なくなります。NSX-T を使用するには、常に 2 つのマネージャが必要です。クラスタ VIP(仮想 IP アドレス)が構成されている場合、VIP がクラスタ内の別のノードに切り替わるときに、短時間停止します。VIP が割り当てられたノードがサイズ変更のためにシャットダウンされている場合、停止中に他の 2 つのノードに直接アクセスできます。マネージャ ノードのロード バランサを展開している場合、マネージャがオフラインになると、健全性チェックがトリガされます。ロード バランサは、トラフィックを別のノードに転送します。マネージャ ノードの IP アドレスを変更しない場合は、このオプションを選択します。

オプション B(別の IP アドレスを使用してマネージャ ノードのサイズを変更する)の場合は、3 つの新しいマネージャの IP アドレスが必要になります。クラスタ VIP が構成されている場合、VIP がクラスタ内の別のノードに切り替わるときに、短時間停止します。VIP が割り当てたノードが削除された場合は、停止中に他の 2 つのノードに直接アクセスできます。マネージャ ノードのロード バランサを展開している場合、マネージャがオフラインになると、健全性チェックがトリガされます。ロード バランサは、トラフィックを別のノードに転送します。すべての手順が完了したら、ロード バランサを再構成する必要があります(新しいマネージャを追加し、古いマネージャを削除します)。

前提条件

手順

  • オプション A:同じ IP アドレスを使用して管理ノードのサイズを変更する
    オプション A.1:既存のマネージャ ノードの CPU またはメモリを変更する。2 つのマネージャが常に使用できるように、一度に 1 つのマネージャに変更を行う必要があります。
    1. マネージャの CLI に admin としてログインし、shutdown コマンドを実行します。
    2. NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「劣化」であることを確認します。
    3. vSphere から、シャットダウンされたマネージャ仮想マシンのメモリまたは CPU リソースを変更します。
    4. vSphere から、仮想マシンをパワーオンします。NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「安定」になるまで待機します。
    5. 他の 2 つマネージャ仮想マシンに手順 1 ~ 4 を繰り返します。
    オプション A.2:新しいマネージャ ノードを展開する。
    1. NSX Manager UI で、NSX Manager UI から展開されたマネージャ ノードを削除します。
    2. NSX Manager UI から、手順 1 で削除したマネージャ ノードで使用されていた IP アドレスのクラスタに新しいマネージャ ノードを展開します。
    3. NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「安定」になるまで待機します。
    4. NSX Manager UI から展開された他のマネージャ ノードに、手順 1 ~ 3 を繰り返します。
    5. 手動で展開したマネージャ ノードの場合は、CLI に admin としてログインし、shutdown コマンドを実行します。
    6. 別のマネージャ ノードから、その CLI に admin としてログインして get cluster config コマンドを実行し、手動で展開したマネージャ ノードのノード ID を取得します。次に、detach node <node-id> コマンドを実行して、手動で展開したマネージャ ノードをクラスタから切断します。
    7. vSphere から、手動で展開したマネージャ ノード仮想マシンを削除します。
    8. NSX Manager UI から、手動で展開したマネージャ ノードで使用されていた IP アドレスのクラスタに、新しいサイズで新しいマネージャ ノードを展開します。
    9. NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「安定」になるまで待機します。
  • オプション B:別の IP アドレスを使用してマネージャ ノードのサイズを変更する
    1. VIP が構成され、新しいアドレスと古いアドレスが異なるサブネットにある場合は、NSX Manager UI から VIP を削除します。
      VIP アドレスではなく、マネージャの IP アドレスを使用して、NSX Manager にアクセスする必要があります。
    2. NSX Manager UI から、現在のマネージャ ノードで使用されているものとは異なる IP アドレスを使用して、新しいサイズで新しいマネージャ ノードをクラスタに展開します。
    3. NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「安定」であることを確認します。
    4. NSX Manager UI で、NSX Manager UI から展開された古いマネージャ ノードを削除します。
    5. NSX Manager UI から展開された他のマネージャ ノードに、手順 1 ~ 3 を繰り返します。
    6. 手動で展開したマネージャ ノードの場合は、CLI に admin としてログインし、shutdown コマンドを実行します。
    7. 別のマネージャ ノードから、その CLI に admin としてログインして get cluster config コマンドを実行し、手動で展開したマネージャ ノードのノード ID を取得します。次に、detach node <node-id> コマンドを実行して、手動で展開したマネージャ ノードをクラスタから切断します。
    8. vSphere から、手動で展開したマネージャ ノード仮想マシンを削除します。
    9. NSX Manager UI から、手動で展開されたマネージャ ノードで使用されているものとは異なる IP アドレスを使用して、新しいサイズで新しいマネージャ ノードをクラスタに展開します。
    10. NSX Manager UI から、マネージャ クラスタの状態が「安定」になるまで待機します。
    11. NSX Manager UI から、手順 1 の古い VIP を削除した場合は、新しい VIP を構成します。これは、新しい IP アドレスと同じサブネット内にある必要があります。