レイヤー 2 ブリッジを使用すると、VLAN でバッキングされたポート グループや、NSX-T Data Center 環境の外部にあるゲートウェイなどのデバイスに接続できます。レイヤー 2 ブリッジは、物理ワークロードと仮想ワークロード上でサブネットを分割する必要がある移行シナリオでも役に立ちます。

レイヤー 2 ブリッジには、Edge クラスタと Edge ブリッジ プロファイルが必要です。Edge ブリッジ プロファイルには、ブリッジに使用する Edge クラスタと、プライマリおよびバックアップ ブリッジとして機能する Edge トランスポート ノードを指定します。セグメントを設定するときに、Edge ブリッジ プロファイルを指定してレイヤー 2 ブリッジを有効にすることができます。