タイムゾーン、NTP サーバ、SNMP、Syslog サーバなどの設定を行い、すべての NSX Manager と Edge ノードに適用できます。NSX Manager と Edge ノードのほかに、SNMP 構成がすべての KVM ハイパーバイザー上の VMware SNMP エージェントに適用されます。

このリリースでは、1 つのノード プロファイルのみがサポートされます。このプロファイルは、タイムゾーン、NTP サーバ、SNMP 構成、Syslog サーバのコレクションです。デフォルトでは、ノードが NSX Manager からの構成を受け入れないように構成されていない限り、ノード プロファイルはすべてのノードに適用されます。ノードがノード プロファイルを受け入れないようにするには、そのノードで CLI コマンド set node central-config disabled を使用します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [プロファイル] の順に選択します。
  3. [ノード プロファイル] タブをクリックします。
  4. [名前] 列で、[すべての NSX ノード] をクリックします。
  5. タイムゾーンと NTP サーバを構成するには、[編集] をクリックします。
  6. [Syslog サーバ] セクションで [追加] をクリックして、Syslog サーバを追加します。
    1. Syslog サーバの FQDN または IP アドレスを入力します。
    2. ポート番号を指定します。
    3. プロトコルを選択します。
      使用可能なプロトコルは [TCP][UDP][LI] (Log Insight) です。
    4. ログ レベルを選択します。
      使用可能なレベルは、 [緊急][アラート][重大][エラー][警告][通知][情報][デバッグ] です。
  7. [SNMP ポーリング] セクションの [v2c] で、[追加] をクリックして、SNMPv2c コミュニティを追加します。
    1. コミュニティの名前を入力します。
    2. [コミュニティ文字列] の値を入力します。
      この値は認証に使用されます。
  8. [SNMP ポーリング] セクションの [v3] で、[追加] をクリックして、SNMPv3 ユーザーを追加します。
    1. ユーザー名を入力します。
    2. 認証のパスワードを入力します。
      右側のアイコンをクリックすると、パスワードの表示/非表示を切り替えることができます。
    3. プライベート パスワードを入力します。
      右側のアイコンをクリックすると、パスワードの表示/非表示を切り替えることができます。
  9. [SNMP トラップ] セクションの [v2c] で、[追加] をクリックして、SNMPv2c トラップ構成を追加します。
    1. FQDN または IP アドレスを入力します。
    2. ポート番号を指定します。
    3. コミュニティの名前を入力します。
    4. [コミュニティ文字列] の値を入力します。
      この値は認証に使用されます。
  10. [ SNMP トラップ] セクションの [v3] で、[追加] をクリックして、SNMPv3 トラップ構成を追加します。
    1. FQDN または IP アドレスを入力します。
    2. ポート番号を指定します。
    3. ユーザー名を入力します。

次のタスク

プロファイル構成が NSX Manager ノードと NSX Edge ノードに適用されていることを確認します。 NSX Manager ノードと NSX Edge ノードに 管理者権限でログインして、次のコマンドを実行します。
  • get clock
  • get ntp-server
  • get logging-servers
  • get snmp v2-targets
  • get snmp v3-targets
  • get snmp v2-configured
  • get snmp v3-configured
  • get snmp v3-engine-id
  • get snmp v3-protocols
  • get snmp v3-users

これらのコマンドの詳細と例については、『NSX-T Data Center Command-Line Interface リファレンス』を参照してください。

プロファイル構成が KVM ハイパーバイザー ノードに適用されていることを確認します。KVM ノードに root 権限でログインし、次のコマンドを実行します。

/opt/vmware/bin/vicfg-snmp -s

このコマンドが機能しない場合は、次のコマンドのように、KVM ハイパーバイザーで使用可能な Python バージョンを指定します。

python3 /opt/vmware/bin/vicfg-snmp -s