DLB サービスを使用する仮想マシンを含めるロード バランサ プールを作成します。

このタスクは、NSX-T UI と NSX-T API の両方で実行できます。

DLB プールを作成する API コマンドは PUT https://<NSXManager_IPaddress>/policy/api/v1/infra/lb-pools/<lb-pool-id> です。

前提条件

  • DLB サービスを使用する仮想マシン グループを作成します。
  • DLB インスタンスを作成し、仮想マシン グループに関連付けます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [ロード バランシング] > [サーバ プール] の順に移動します。
  3. [サーバ プールの追加] をクリックします。
  4. 次のフィールドに値を入力します。
    フィールド 説明

    名前

    DLB プールの名前を入力します。

    アルゴリズム

    分散ロード バランサでは [ROUND_ROBIN] のみがサポートされます。

    メンバー

    [メンバーの選択] をクリックして、グループに個々のメンバーを追加します。

    個々のメンバーを追加する場合は、次のテキスト ボックスにのみ値を入力します。

    • [名前]
    • [IP アドレス]
    • [ポート]
    注: このリストには、DLB プールにメンバーを追加するときに使用できるフィールドだけが表示されます。

    メンバー グループ

    [メンバーの選択] をクリックして、メンバー グループを追加します。

    個々のメンバーを追加する場合は、次のフィールドに値を入力します。

    • [名前]
    • [コンピュート メンバー ][メンバーの設定] をクリックして、すべてのプール メンバーを含むグループを追加します。

    • [IP リビジョンフィルタ]:IPv4 のみがサポートされます。

    • [ポート]:すべてのダイナミック プール メンバーのデフォルト ポート。
    注: このリストには、DLB プールにメンバーを追加するときに使用できるフィールドだけが表示されます。
    SNAT 変換モード このフィールドを [無効] に設定します。分散ロード バランサで SNAT 変換はサポートされていません。
  5. [保存] をクリックします。

結果

分散ロード バランサのサーバ プール メンバーが追加されます。

次のタスク

Fast TCP または UDP プロファイルを使用した仮想サーバの作成 を参照してください。