自動ドラフトと手動ドラフトの両方を読み込んで発行し、アクティブな構成にすることができます。

発行時に、新しい自動ドラフトが作成されます。この自動ドラフトは、以前の構成に戻すために発行できます。

手順

  1. 保存済みの構成を表示するには、[アクション] > [ビュー] の順にクリックします。
    タイムラインを開き、保存済みのすべての設定を表示します。ドラフトの名前、日付、時刻、保存者などの詳細を表示するには、ドラフトのドット アイコンをポイントします。保存済みの構成は時間でフィルタリングされます。1 日、1 週間、30 日間または過去 3 か月に作成されたすべてのドラフトが表示されます。
  2. ドラフト名をクリックすると、[ドラフトの詳細を表示] ウィンドウが表示されます。
  3. [ロード] をクリックします。新しいファイアウォール構成がメイン ウィンドウに表示されます。
    注: ファイアウォール フィルタが使用されている場合、または現在の構成に保存されていない変更がある場合は、ドラフトをロードできません。
  4. ドラフト構成を確定して有効にするには、[発行] をクリックします。以前に発行した構成に戻すには、[元に戻す] をクリックします。
    発行後、ドラフトの変更がアクティブな構成に表示されます。
  5. 発行前にドラフトの内容を編集するには、[ロード] をクリックした後に構成を編集します。
  6. ドラフト構成の編集済みバージョンを保存するには、[アクション] > [保存] の順にクリックします。
    手動ドラフトは、新しい構成または既存の構成の更新として保存できます。自動ドラフトは、新しい構成として保存されます。
  7. [名前] に名前を入力します。必要であれば、[説明] に説明を入力します。[ロック] を選択して、ドラフトをロックすることもできます。ロックする場合は、ドラフトのコメントを指定する必要があります。
  8. [保存] をクリックします。
  9. ドラフト構成を確定して有効にするには、[発行] をクリックして、以前に発行した構成に戻すには、[元に戻す] をクリックします。