NSService を作成して、ネットワークの一致で使用する特性を指定したり、ファイアウォール ルールでブロックまたは許可するトラフィックのタイプを定義したりすることができます。

前提条件

NSX Manager ユーザー インターフェイスで [マネージャ] モードが選択されていることを確認します。NSX Manager を参照してください。[ポリシー] モード ボタンと [マネージャ] モード ボタンが表示されない場合は、ユーザー インターフェイスの設定を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [インベントリ] > [サービス] > [追加] を選択します。
  3. 名前を入力します。
  4. (オプション) 説明を入力します。
  5. [プロトコルの指定] を選択して個々のサービスを設定するか、[既存サービスのグループ化] を選択して NSService のグループを設定します。
  6. 個々のサービスに対して、サービスのタイプとプロトコルを選択します。
    使用可能なタイプは、 [Ether][IP アドレス][IGMP][ICMP][ALG]、および [L4 ポート セット] です。
  7. サービス グループに対して、グループのタイプとメンバーを選択します。
    使用可能なタイプは、 [レイヤー 2] および [レイヤー 3 以上] です。
  8. [追加] をクリックします。