Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイに NAT および NAT 64 ルールを設定できます。

注: NSX-T Data Center 3.1 以降で、この NAT ルールにサービス インターフェイスが構成されている場合、NSX Manager で translated_port は destination_port として認識されます。つまり、サービスは変換されたポートになりますが、変換されたポートは、宛先ポートとしてトラフィックの照合で使用されます。構成済みのサービスがない場合、ポートは無視されます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [ネットワーク] > [NAT] の順に選択します。
  3. ゲートウェイを選択します。
  4. [表示] の横にある [NAT] または [NAT64] を選択します。
  5. [NAT ルールの追加] または [NAT64 ルールの追加] をクリックします。
  6. [名前] を入力します。
  7. NAT を設定する場合は、アクションを選択します。[NAT 64] の場合、アクションは NAT64 です。
    NAT オプション 説明
    Tier-1 ゲートウェイ 使用可能なアクションは、[SNAT][DNAT][再帰][NO SNAT][NO DNAT] です。
    アクティブ/スタンバイ モードの Tier-0 ゲートウェイ 使用可能なアクションは、[SNAT][DNAT][NO SNAT][NO DNAT] です。
    アクティブ/アクティブ モードの Tier-0 ゲートウェイ 使用可能なアクションは [再帰] です。
  8. [送信元]を入力します。このテキスト ボックスを空白にしておくと、この NAT ルールはローカル サブネットの外部のすべての送信元に適用されます。
    オプション 説明
    NAT IP アドレスまたは IP アドレス範囲を CIDR 形式で指定します。SNAT、NO_SNAT および REFLEXIVE ルールの場合、これは必須テキスト ボックスで、ネットワークから送信されるパケットの送信元ネットワークを表します。
    NAT64 IPv6 アドレスまたは IPv6 CIDR を入力します。
  9. (必須) [宛先]を入力します。
    オプション 説明
    NAT IP アドレスまたは IP アドレス範囲を CIDR 形式で指定します。
    NAT64 プリフィックス /96 を付けて IPv6 アドレスまたは IPv6 アドレス範囲を CIDR 形式で入力します。宛先の IPv4 IP が IPv6 アドレスの最後の 4 バイトに埋め込まれるため、プリフィックス /96 がサポートされます。
  10. [変換された IP] に値を入力します。
    オプション 説明
    NAT IPv4 アドレスまたは IP アドレス範囲を CIDR 形式で指定します。
    NAT64 IPv4 アドレス、カンマ区切りの IPv4 アドレスのリスト、または IPv4 アドレスの範囲を指定します。IPV4 CIDR はサポートされていません。
  11. ルールを有効にするには、[有効] に切り替えます。
  12. [サービス] 列で [設定] をクリックして、サービスを選択します。詳細については、サービスの追加を参照してください。NAT 64 の場合、事前定義のサービスを選択するか、TCP または UDP を使用してユーザー定義のサービスを作成し、送信元/宛先ポートとして [任意] を指定します。
  13. [適用先][設定] をクリックし、このルールが適用されるオブジェクトを選択します。
    使用可能なオブジェクトは、 [Tier-0 ゲートウェイ][インターフェイス][ラベル][サービス インスタンスのエンドポイント]、および [仮想エンドポイント] です。
    注: NSX フェデレーション を使用して グローバル マネージャ アプライアンスから NAT ルールを作成する場合は、NAT にサイト固有の IP アドレスを選択できます。NAT ルールは、次の場所のいずれかの場所に適用できます。
    • デフォルトのオプションを使用して NAT ルールをすべての場所に適用する場合は、[設定] をクリックしないでください。
    • [設定] をクリックします。[ 適用先 ] ダイアログ ボックスで、ルールを適用するエンティティがある場所を選択し、[すべてのエンティティに NAT ルールを適用] を選択します。
    • [設定] をクリックします。[ 適用先] ダイアログ ボックスで場所を選択し、[カテゴリ] ドロップダウン メニューから [インターフェイス] を選択します。NAT ルールを適用する特定のインターフェイスを選択できます。
    詳細については、 NSX フェデレーションでサポートされる機能と構成を参照してください。
  14. [変換されたポート] に値を入力します。
  15. ファイアウォールの設定を選択します。
    オプション 説明
    NAT 使用可能な設定は次のとおりです。
    • [外部アドレスと一致]:パケットは、変換された IP アドレスとポートの組み合わせに一致するファイアウォール ルールによって処理されます。
    • [内部アドレスと一致]:パケットは、元の IP アドレスとポートの組み合わせに一致するファイアウォール ルールによって処理されます。
    • [バイパス]:パケットは、ファイアウォール ルールをバイパスします。
    NAT64 使用可能な設定は [バイパス] で、パケットはファイアウォール ルールをバイパスします。
  16. (オプション) ロギングを有効にするには、ロギング ボタンを切り替えます。
  17. 優先順位を指定します。
    小さい値ほど、優先順位が高くなります。デフォルトは 0 です。
  18. [保存] をクリックします。