ゲスト イントロスペクション シン エージェントは、各ゲスト仮想マシンに VMware Tools™ とともにインストールされます。

Linux でのシン エージェントのトラブルシューティング

仮想マシンでの読み取り/書き込み処理、ファイルの解凍または保存に時間がかかる場合は、シン エージェントに問題がある可能性があります。

  1. 関連するすべてのコンポーネントの互換性を確認します。ESXi、vCenter Server、NSX Manager、選択したセキュリティ ソリューション(Trend Micro、McAfee、Kaspersky、Symantec など)のビルド番号が必要です。このデータを収集して、vSphere コンポーネントの互換性を比較します。詳細については、VMware 製品互換性マトリクスを参照してください。
  2. システムにファイル イントロスペクションがインストールされていることを確認します。
  3. service vsepd status コマンドを実行して、シン エージェントが実行されていることを確認します。
  4. システムのパフォーマンス問題の原因がシン エージェントにあると思われる場合は、 service vsepd stop コマンドを実行してサービスを停止します。

  5. テストを実行して、ベースラインを取得します。vsep サービスを開始した後で、 service vsepd start コマンドで別のテストを実行できます。
  6. Linux シン エージェントのデバッグを有効にします。
    1. /etc/vsep/vsep.conf ファイルを編集します。
    2. すべてのログで DEBUG_LEVEL=7DEBUG_LEVEL=4 に変更するか、中程度のログで DEBUG_LEVEL=6 に設定します。
    3. デフォルトのログの出力先 (DEBUG_DEST=2) は vmware.log(ホスト)です。ゲスト仮想マシン(/var/log/message または /var/log/syslog)に変更するには、DEBUG_DEST=1 を設定します。
      注: 完全なログ作成を有効にすると、大量のログ アクティビティが発生し、 vmware.log ファイルがいっぱいになる可能性があります。完全なログ作成は、できるだけ早く無効にしてください。

Windows でのシン エージェントのトラブルシューティング

  1. 関連するすべてのコンポーネントの互換性を確認します。ESXi、vCenter Server、NSX Manager、選択したセキュリティ ソリューション(Trend Micro、McAfee、Kaspersky、Symantec など)のビルド番号が必要です。このデータを収集して、vSphere コンポーネントの互換性を比較します。詳細については、VMware 製品互換性マトリクスを参照してください。
  2. VMware Tools™ が最新であることを確認します。特定の仮想マシンのみが影響を受ける場合は、Installing and upgrading VMware Tools in vSphere (2004754)を参照してください。
  3. PowerShell コマンド fltmc を実行して、シン エージェントがロードされていることを確認します。

    ドライバのリストに vsepflt があることを確認します。ドライバがロードされていない場合は、fltmc load vsepflt コマンドを実行してドライバをロードします。

  4. シン エージェントが原因でシステムのパフォーマンスに問題が発生している場合は、fltmc unload vsepflt コマンドを実行してドライバをアンロードします。

    次に、テストを実行して、ベースラインを取得します。ドライバをロードし、次のコマンドを実行して、別のテストを実行します。

    fltmc load vsepfltを参照してください。

    シン エージェントにパフォーマンスの問題があるかどうか確認する方法については、Slow VMs after upgrading VMware tools in NSX and vCloud Networking and Security (2144236)を参照してください。

  5. ネットワーク イントロスペクションを使用していない場合は、このドライバを削除するか、無効にします。

    VMware Tools インストーラの変更メニューでもネットワーク イントロスペクションを削除できます。
    1. VMware Tools インストーラをマウントします。
    2. [コントロール パネル] > [プログラムと機能] の順に移動します。
    3. 右クリックして、[VMware Tools] > [変更] の順に選択します。
    4. [完全インストール] を選択します。
    5. NSX ファイル イントロスペクションを検索します。これには、ネットワーク イントロスペクションのサブフォルダが含まれます。
    6. [ネットワーク イントロスペクション] を無効にします。
    7. 仮想マシンを再起動して、ドライバのアンインストールを完了します。
  6. シン エージェントのデバッグ ログを有効にします。すべてのデバッグ情報がその仮想マシンの vmware.log ファイルに記録されます。
  7. procmon ログを確認して、シン エージェントのファイル スキャンを確認します。詳細については、Troubleshooting vShield Endpoint performance issues with anti-virus software (2094239)を参照してください。

環境およびワークロードの詳細を収集します。

  1. ゲスト イントロスペクションがユーザー環境で使用されているかどうかを確認します。使用されていない場合は、仮想マシンのゲスト イントロスペクション サービスを削除し、問題が解決したかどうかを確認します。ゲスト イントロスペクションが必要な場合にのみ、ゲスト イントロスペクションのトラブルシューティングを行います。
  2. 環境の詳細情報を収集します。
    1. ESXi ビルド バージョンを収集するには、ESXi ホストで uname –a コマンドを実行します。あるいは、vSphere Web Client でホストを選択して、右側のペインの上部にあるビルド番号を検索します。

    2. Linux の製品バージョンとビルド番号。
    3. /usr/sbin/vsep -v を実行すると、本番環境のバージョンを確認できます。
      Build number
      ------------------
      Ubuntu 
      dpkg -l | grep vmware-nsx-gi-file
      SLES12 and RHEL7
      rpm -qa | grep vmware-nsx-gi-file
  3. NSX for vSphere のバージョンと次の情報を収集します。
    • パートナー ソリューションの名前とバージョン番号
    • パートナー ソリューションが使用している EPSec ライブラリのバージョン番号:サービス仮想マシンにログインして、strings <path to EPSec library>/libEPSec.so | grep BUILD を実行します。

    • 仮想マシンのゲスト オペレーティング システム
    • その他のサードパーティ アプリケーションまたはファイル システム ドライバ
  4. ESX ゲスト イントロスペクション モジュール (MUX) のバージョン: esxcli software vib list | grep epsec-mux コマンドを実行します。
  5. サーバのタイプなどのワークロードの詳細を収集します。
  6. ESXi ホストのログを収集します。詳細については、Collecting diagnostic information for VMware ESX/ESXi (653) を参照してください。
  7. パートナー ソリューションのサービス仮想マシン (SVM) のログを収集します。サービス仮想マシンのログ収集の詳細については、パートナーに確認してください。
  8. 問題発生中にサスペンド状態のファイルを収集します。診断情報の収集については、Suspending a virtual machine on ESX/ESXi (2005831)を参照してください。

シン エージェントのクラッシュのトラブルシューティング

シン エージェントがクラッシュすると、 /directory にコア ファイルが生成されます。 location/directory からコア ダンプ ファイル (コア) を収集します。 file コマンドを使用して、vsep によってコア ファイルが生成されているかどうかを確認します。次はその例です。
# file core
core: ELF 64-bit LSB  core file x86-64, version 1 (SYSV), SVR4-style, from '/usr/sbin/vsep'

仮想マシンが停止またはフリーズする

サスペンド状態の仮想マシンの VMware vmss ファイルを収集します。Suspending a virtual machine on ESX/ESXi to collect diagnostic information (2005831) を参照するか、仮想マシンをクラッシュさせて完全なメモリ ダンプ ファイルを収集してください。VMware では、ESXi vmss ファイルをコア ダンプ ファイルに変換するユーティリティを提供しています。詳細については、 Vmss2core fling を参照してください。