NSX Edge 仮想マシンが機能しなくなった場合、またはデータセンター内の配置を変更する必要が生じた場合は、仮想マシンを再展開します。たとえば、NSX Edge を別のデータストアまたはコンピューティング リソースに移動する必要がある場合は、NSX Edge ノードを再展開します。ノードを別のネットワークに移動することもできます。ただし、ネットワーク要件によっては、他の理由で再展開が必要になることもあります。

既存の NSX Edge ノード(物理サーバまたは NSX Edge 仮想マシン アプライアンス)を NSX Edge 仮想マシン アプライアンスに再展開することは可能です。

前提条件

  • NSX Edge トランスポート ノード ペイロードの一部の構成は変更できますが、新しいノードによって再展開される既存の NSX Edge ノードでは、次の構成を変更しないでください。
    • 障害ドメイン
    • トランスポート ノードの接続
    • 物理 NIC 構成
    • 分散論理ルーター
    • ロード バランサの割り当て
  • 既存の NSX Edge ノードが物理サーバか、vSphere Client によって手動で展開された仮想マシンの場合は、NSX Edge ノードと NSX Manager 間の接続が停止していることを確認します。接続が停止していないと、NSX-T は既存の NSX Edge ノードと新しいノードの置換を許可しません。

手順

  1. (物理サーバまたは vSphere Client を使用して展開した NSX Edge)SSH セッションを開き、NSX Edge コンソールに接続します。
  2. CLI コンソールで get logical-routers を使用して、NSX Edge ノードに論理ルートが構成されていることを確認します。
  3. NSX Edge ノードをパワーオフします。
  4. 次の API コマンドを実行して、NSX Edge ノードが NSX Manager から切断されていることを確認します。
    GET  api/v1/transport-nodes/<edgenode>/state
        "node_deployment_state": 
            {"state": MPA_Disconnected"}

    node_deployment_state 値は MPA Disconnected です。これは、NSX Edge ノードの再展開が可能であることを示しています。

    注: node_deployment_stateNode Ready の場合、 NSX Manager に「 78006 - Manager connectivity to Edge node must be down. Else replacement/redeployment of hardware is not allowed」というエラーが表示されます。
  5. あるいは、[Edge トランスポート ノード] ページから NSX Edge ノードと NSX Manager 間の接続状態を確認します。切断された NSX Edge ノードには、「Configuration Error, Edge VM MPA Connectivity is down」というシステム メッセージが表示されます。
    "resource_type": "EdgeNode",
    	        "id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	        "display_name": "Edge_TN2",
    	        "description": "EN",
    	        "external_id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	        "ip_addresses": [
    	            "10.170.94.240"
    	        ],
    	        "_create_user": "admin",
    	        "_create_time": 1600106319056,
    	        "_last_modified_user": "admin",
    	        "_last_modified_time": 1600106907312,
    	        "_system_owned": false,
    	        "_protection": "NOT_PROTECTED",
    	        "_revision": 2
    	    },
    	    "is_overridden": false,
    	    "failure_domain_id": "4fc1e3b0-1cd4-4339-86c8-f76baddbaafb",
    	    "resource_type": "TransportNode",
    	    "id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	    "display_name": "Edge_TN2",
    	    "_create_user": "admin",
    	    "_create_time": 1600106319399,
    	    "_last_modified_user": "admin",
    	    "_last_modified_time": 1600106907401,
    	    "_system_owned": false,
    	    "_protection": "NOT_PROTECTED",
    	    "_revision": 1
    	}
  6. NSX Edge ノードが自動展開されたノードの場合は、GET /<NSX-Manager-IPaddress>/api/v1/transport-nodes/<edgenode> を実行します。この API の出力ペイロードをコピーします。
  7. 次の再展開シナリオのいずれかを選択します。
    選択 操作

    既存の NSX Edge ノード(物理サーバまたは手動展開のノード)を NSX Edge 仮想マシン ノード(NSX Manager API で展開)に再展開します。

    API コマンド /api/v1/transport-nodes/transport-node-id?action=redeploy で次の操作を行います。
    • 再展開 API の本文にペイロードを貼り付けます。
    • deployment_config セクションが、ノードを再展開するコンピュート マネージャ、データストア、ネットワークの詳細を参照していることを確認します。これらの値が node_settings セクションで使用されている値と一致していることを確認します。

    • deployment_config セクションにログイン パスワードを追加します。

    NSX Manager は、deployment_config セクションの詳細に基づいて NSX Edge ノードを再展開します。

    既存の NSX Edge ノードの配置の変更

    API コマンド /api/v1/transport-nodes/transport-node-id?action=redeploy で次の操作を行います。
    • 再展開 API の本文にペイロードを貼り付けます。
    • deployment_config セクションで、新しいコンピュート マネージャ、データストア、ネットワーク、CPU、メモリ、または遅延感度の詳細を参照します。
    POST https://<manager-ip>/api/v1/transport-nodes/transport-node-id?action=redeploy の例
    	{
    	    "node_id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	    "host_switch_spec": {
    	        "host_switches": [
    	            {
    	                "host_switch_name": "nsxvswitch_overlay",
    	                "host_switch_id": "c0a4a83e-c8b8-4324-a4d7-dbbc07b30b53",
    	                "host_switch_type": "NVDS",
    	                "host_switch_mode": "STANDARD",
    	                "host_switch_profile_ids": [
    	                    {
    	                        "key": "UplinkHostSwitchProfile",
    	                        "value": "f9a2a2fa-b49d-498f-abaf-2fdc81917716"
    	                    },
    	                    {
    	                        "key": "LldpHostSwitchProfile",
    	                        "value": "9e0b4d2d-d155-4b4b-8947-fbfe5b79f7cb"
    	                    }
    	                ],
    	                "pnics": [
    	                    {
    	                        "device_name": "fp-eth0",
    	                        "uplink_name": "uplink1"
    	                    }
    	                ],
    	                "is_migrate_pnics": false,
    	                "ip_assignment_spec": {
    	                    "ip_pool_id": "647d9b0d-0143-4903-91f5-930d9ab011e8",
    	                    "resource_type": "StaticIpPoolSpec"
    	                },
    	                "cpu_config": [],
    	                "transport_zone_endpoints": [
    	                    {
    	                        "transport_zone_id": "0b33b078-6438-4d9b-a1ec-33211fd36822",
    	                        "transport_zone_profile_ids": [
    	                            {
    	                                "resource_type": "BfdHealthMonitoringProfile",
    	                                "profile_id": "52035bb3-ab02-4a08-9884-18631312e50a"
    	                            }
    	                        ]
    	                    },
    	                    {
    	                        "transport_zone_id": "a0133574-48de-4e3a-9407-7db1a68bae41",
    	                        "transport_zone_profile_ids": [
    	                            {
    	                                "resource_type": "BfdHealthMonitoringProfile",
    	                                "profile_id": "52035bb3-ab02-4a08-9884-18631312e50a"
    	                            }
    	                        ]
    	                    }
    	                ],
    	                "vmk_install_migration": [],
    	                "pnics_uninstall_migration": [],
    	                "vmk_uninstall_migration": [],
    	                "not_ready": false
    	            }
    	        ],
    	        "resource_type": "StandardHostSwitchSpec"
    	    },
    	    "transport_zone_endpoints": [],
    	    "maintenance_mode": "DISABLED",
    	    "node_deployment_info": {
    	        "deployment_type": "VIRTUAL_MACHINE",
    	        "deployment_config": {
    	            "vm_deployment_config": {
    	                "vc_id": "cc82da39-b119-4869-a7fe-a54621cb4d3d",
    	                "compute_id": "domain-c9",
    	                "storage_id": "datastore-14",
    	                "host_id": "host-12",
    	                "compute_folder_id": "group-v5",
    	                "management_network_id": "network-16",
    	                "hostname": "EdgeSmallFactor",
    	                "data_network_ids": [
    	                    "5638c577-e142-4a50-aed3-a7079dc3b08c",
    	                    "5638c577-e142-4a50-aed3-a7079dc3b08c",
    	                    "5638c577-e142-4a50-aed3-a7079dc3b08c"
    	                ],
    	                "search_domains": [
    	                    "eng.vmware.com",
    	                    "vmware.com"
    	                ],
    	                "enable_ssh": true,
    	                "allow_ssh_root_login": true,
    	                "reservation_info": {
    	                    "memory_reservation": {
    	                        "reservation_percentage": 100
    	                    },
    	                    "cpu_reservation": {
    	                        "reservation_in_shares": "HIGH_PRIORITY",
    	                        "reservation_in_mhz": 0
    	                    }
    	                },
    	                "resource_allocation": {
    	                    "cpu_count": 4,
    	                    "memory_allocation_in_mb": 8192
    	                },
    	                "placement_type": "VsphereDeploymentConfig"
    	            },
    	            "form_factor": "MEDIUM",
    	            "node_user_settings": {
    	                 "cli_username": "admin",
                            "root_password":"Admin!23Admin", 
                            "cli_password":"Admin!23Admin" 
    	            }
    	        },
    	        "node_settings": {
    	            "hostname": "EdgeSmallFactor",
    	            "search_domains": [
    	                "eng.vmware.com",
    	                "vmware.com"
    	            ],
    	            "enable_ssh": true,
    	            "allow_ssh_root_login": true
    	        },
    	        "resource_type": "EdgeNode",
    	        "id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	        "display_name": "Edge_TN2",
    	        "description": "EN",
    	        "external_id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	        "ip_addresses": [
    	            "10.170.94.240"
    	        ],
    	        "_create_user": "admin",
    	        "_create_time": 1600106319056,
    	        "_last_modified_user": "admin",
    	        "_last_modified_time": 1600106907312,
    	        "_system_owned": false,
    	        "_protection": "NOT_PROTECTED",
    	        "_revision": 2
    	    },
    	    "is_overridden": false,
    	    "failure_domain_id": "4fc1e3b0-1cd4-4339-86c8-f76baddbaafb",
    	    "resource_type": "TransportNode",
    	    "id": "9f34c0ea-4aac-4b7f-a02c-62f306f96649",
    	    "display_name": "Edge_TN2",
    	    "_create_user": "admin",
    	    "_create_time": 1600106319399,
    	    "_last_modified_user": "admin",
    	    "_last_modified_time": 1600106907401,
    	    "_system_owned": false,
    	    "_protection": "NOT_PROTECTED",
    	    "_revision": 1
    	}
    
    注: 古いノードが NSX Manager UI を介して展開された NSX Edge 仮想マシン ノードの場合、API ペイロードの node_user_settings セクションにログイン認証情報を指定する必要はありません。
    ペイロードの詳細については、『 NSX-T Data Center API ガイド』を参照してください。
  8. NSX Manager で、新しい NSX Edge ノードの構成状態を確認します。
  9. または、API コマンド Get api/v1/transport-nodes/<node-id>/state を実行して、新しく準備された NSX Edge トランスポート ノードの状態を確認します。
  10. get logical-routers CLI コマンドを実行して、論理ルーターの構成が新しい NSX Edge ノードに移行されていることを確認します。
  11. TEP アドレスが、置換後の NSX Edge ノードで維持されていることを確認します。
  12. NSX Edge クラスタの状態が「稼動中」であることを確認します。API は GET api/v1/edge-clusters/<cluster> です。NSX-T がフェデレーションを使用するように構成されている場合は、サイト間の状態が「稼動中」になっていることを確認します。
  13. API で NSX Edgeトランスポート ノードとクラスタの状態を確認し、「稼動中」になっていることを確認します。
  14. エラー メッセージのトラブルシューティング:
    • (78006) NSX Manager connectivity to Edge node must be down. Else replacement of hardware is not allowedNSX Edge ノードが NSX Manager に接続していないことを確認します。

    • (16064) Deployment configuration is missing:再展開 API で、deployment_config セクションに詳細情報を入力します。

    • (16066) Login password is missing:ログイン認証情報を入力します。

    • (15019) Insufficient resources on node to be allocated to load balancer pool:新しい NSX Edge ノードのフォーム ファクタが古い NSX Edge ノードよりも小さい可能性があります。新しいフォーム ファクタで、ロード バランサ プールに割り当てるリソースが不足している可能性があります。

次のタスク

置き換えられた物理サーバを起動する場合、またはネットワークの一部として NSX Edge 仮想マシン アプライアンスを手動で展開する場合は、ノードがネットワークから切断されていることを確認します。次に del nsx を実行して、ノードの NSX-T VIB を完全に削除します。 del nsx の詳細については、『 NSX-T Data Center インストールガイド』を参照してください。

ホストで del nsx を実行すると、論理ルーターの古いエントリ、VTEP IP アドレス、アップリンク IP アドレスが解放されます。これで、置き換えられた物理サーバを新しい NSX-T トランスポート ノードとして準備できるようになりました。