ホストをトランスポート ノードとして準備した後、VMkernel アダプタと物理アダプタの現在の移行設定を変更できます。

前提条件

  • ホストに未使用の物理アダプタが 1 つ以上存在することを確認します。
  • ホストに VMkernel アダプタとポート グループが存在していることを確認します。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します。
  3. トランスポート ノードを選択して、[アクション] > [ESX の VMkernel アダプタおよび物理アダプタの移行] の順にクリックします。
  4. [ESX の VMkernel アダプタおよび物理アダプタの移行] に、次の情報を入力します。
    フィールド 説明

    方向

    次のように選択します。
    • [論理スイッチに移行]:VMkernel アダプタを VSS または VDS スイッチから NSX-T Data Center の N-VDS スイッチに移行します。

    • [ポート グループに移行]:VMkernel アダプタを N-VDS スイッチから VSS または VDS スイッチに移行します。

    スイッチの選択

    VMkernel アダプタと物理アダプタを移行するスイッチを選択します。使用可能なスイッチから選択できます。

    移行する VMkernel アダプタの選択

    [追加] をクリックして、VMkernel アダプタ名を入力します。移行先の場所に応じて、宛先に論理スイッチまたはポート グループを選択します。

    N-VDS 内の物理アダプタの編集

    [追加] をクリックして、物理アダプタ名を入力します。このアダプタをホスト スイッチ上のアップリンクにマッピングします。

  5. [保存] をクリックして、VMkernel アダプタと物理アダプタの移行を開始します。

結果

更新された VMkernel アダプタと物理アダプタが N-VDS スイッチに移行されるか、ESXi ホストの VSS または VDS スイッチに移行されます。