vSphere Lifecycle Manager が NSX-T クラスタの準備に失敗しました。

問題

トランスポート ノード プロファイルが vSphere Lifecycle Manager クラスタに適用できなかったため、クラスタが Failed 状態になりました。

原因

vSphere Lifecycle Manager は、クラスタでソリューションとして NSX を設定し、適用できなかったため、クラスタ内のホストはトランスポート ノードとして準備されていません。NSX Manager UI で、クラスタのエラー状態を確認します。

解決方法

  1. NSX Manager で、[システム] > [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します。
  2. [管理元] ドロップダウン メニューから vCenter Server を選択します。
  3. 失敗したクラスタを特定して、エラー状態を確認します。エラーのリンクをクリックして、ポップアップ ウィンドウを開きます。[解決] をクリックして、クラスタでトランスポート ノード プロファイルの認識を開始します。
  4. あるいは、API コマンド POST /api/v1/transport-node-collections/<tnc id>?action=retry_profile_realization を実行します。このコマンドを実行すると、vLCM がクラスタで NSX-T の認識を開始します。