管理者は、NSX Manager UI を使用して、NSX-T ネットワーク用に物理サーバを構成できます。

また、同じ目的を達成するために Ansible スクリプトを実行することもできます。Ansible を使用して Windows 物理サーバを構成する方法については、Windows Server 2016/2019 ベアメタル サーバ上のワークロードの保護を参照してください。ただし、NSX-T ネットワーク用に物理サーバを準備する場合は、NSX Manager UI を使用することをおすすめします。

物理サーバは、オーバーレイおよび VLAN トランスポート ゾーンをサポートします。管理インターフェイスを使用して、物理サーバを管理することができます。アプリケーション インターフェイスを使用すると、物理サーバ上のアプリケーションにアクセスできます。次の NIC 構成が物理サーバでサポートされます。

  • 単一の物理 NIC は、管理 IP インターフェイスとアプリケーション IP インターフェイスの両方に使用される IP アドレスを 1 つ提供します。
  • デュアル構成物理 NIC は、管理インターフェイス用の物理 NIC および一意の IP アドレスを 1 つずつ提供します。アプリケーション インターフェイス用の物理 NIC および一意の IP アドレスも提供します。
  • 結合構成内の複数の物理 NIC は、管理インターフェイスとアプリケーション インターフェースの両方にデュアル構成物理 NIC と一意の IP アドレスを 1 つずつ提供します。このような物理 NIC の結合は、Linux 環境で OVS スイッチを介してアクティブ/スタンバイ モードで行う場合にのみサポートされます。
    注: Windows 環境では、結合構成はサポートされません。

トランスポート ノードになるスタンドアローンまたは管理対象 ESXi ホストの準備と異なり、物理サーバの場合、サーバの準備を完了するには、物理サーバのアプリケーション インターフェイスを NSX-T セグメントに接続する必要があります。

ホストをトランスポート ノードとして準備した後、次のタスクを行い、物理サーバの構成を完了する必要があります。
  1. NSX-T セグメントにセグメント ポートを作成します。
  2. 物理サーバのアプリケーション インターフェイスをセグメント ポートに接続します。

前提条件

  • トランスポート ゾーンが設定されている必要があります。
  • アップリンク プロファイルが設定されている必要があります。設定されていない場合は、デフォルトのアップリンク プロファイルを使用できます。
  • IP アドレス プールが設定されているか、ネットワーク環境 DHCP が使用できる必要があります。
  • ホスト ノード上で 1 個以上の物理 NIC が必要です。
  • ホスト名
  • 管理 IP アドレス
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 物理サーバのアプリケーション インターフェイスに接続するために、要件に応じてセグメント(VLAN またはオーバーレイ)が使用できる必要があります。
  • 必要なサードパーティ製パッケージがインストールされていることを確認します。トランスポート ノードの構成中に物理 NIC が使用できるように、物理サーバにサードパーティのパッケージがインストールされている必要があります。物理サーバへのサードパーティ製パッケージのインストール を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します。
  3. [ホスト トランスポート ノード] ページで、[+ ホスト ノードの追加] をクリックします。
  4. [ホストの詳細] ウィンドウで、次の情報を入力します。
    オプション 説明
    名前と説明 物理サーバを識別する名前を入力します。

    必要に応じて、ホストまたは物理サーバで使用するオペレーティング システムの説明を追加することもできます。

    IP アドレス ホストまたは物理サーバの IP アドレスを入力します。
    オペレーティング システム 物理サーバのオペレーティング システムを選択します。たとえば、物理サーバのオペレーティング システムが CentOS の場合は、CentOS 物理サーバを選択します。NSX-T は、ベアメタル サーバを物理サーバとして識別します。

    物理サーバに応じて、いずれかのサポート対象オペレーティング システムを選択できます。システム要件 を参照してください。

    重要: サポートされている Linux の種類によっては、Linux ディストリビューションを実行している物理サーバと、ハイパーバイザー ホストとして使用される Linux ディストリビューションの違いを把握しておく必要があります。たとえば、オペレーティング システムとして Ubuntu サーバを選択すると、Linux サーバを実行する物理サーバがセットアップされますが、Ubuntu KVM を選択すると、Linux ハイパーバイザーとして Ubuntu が展開されます。
    ユーザー名とパスワード ホストのユーザー名とパスワードを入力します。
    SHA-256 サムプリント

    これはオプションの手順です。

    認証用のホストのサムプリント値を入力します。

    サムプリント値を空白のままにすると、サーバ指定の値を使用するように指示されます。NSX-T Data Center がホストを検出して認証するまで数秒かかります。

  5. [次へ] をクリックします。
  6. [ホストの準備] ウィンドウで、次の情報を入力します。1 台の物理サーバに構成できるのは、1 つの VDS スイッチのみです。
    オプション 説明
    名前 N-VDS ホスト スイッチの名前を入力します。
    トランスポート ゾーン ドロップダウン メニューから、このトランスポート ノードがあるトランスポート ゾーンを選択します。
    アップリンク プロファイル ドロップダウン メニューから既存のアップリンク プロファイルを選択するか、アップリンクのカスタム プロファイルを作成します。デフォルトのアップリンク プロファイルも使用できます。
    LLDP プロファイル デフォルトでは、NSX-T は LLDP ネイバーから LLDP パケットの受信のみを行います。

    ただし、LLDP パケットを LLDP ネイバーに送信し、LLDP ネイバーから LLDP パケットを受信するように NSX-T を設定できます。

    アップリンクと物理 NIC のマッピング

    物理 NIC をアップリンクにマッピングします。

  7. [次へ] をクリックします。
  8. ホストが構成されると、物理サーバの進行状況が表示されます。
  9. [NSX の構成] ウィンドウで、ホストの準備状態を確認します。さらに構成を続けるかどうかに応じて、次の項目を選択します。
    説明
    [セグメントの選択] をクリックする 物理サーバの準備に成功した場合は、[セグメントの選択] をクリックします。次の手順で、NSX Agent を介して物理サーバのアプリケーション インターフェイスを接続するセグメントを選択します。次の手順に進みます。
    [後で続行] をクリックする

    [後で続行] ボタンをクリックすると、アプリケーション インターフェイスが構成されていなくても準備が終了します。後で、アプリケーション インターフェイスにセグメント ポートを接続できます。[ネットワーク] > [セグメント] の順に移動します。BMS のアプリケーション インターフェイスを構成します。

    準備に失敗しました

    準備に失敗した場合は、[ホスト トランスポート ノード] ページに移動します([システム] > [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します)。物理サーバを特定し、構成状態が [失敗] 状態かどうかを確認します。[解決] をクリックして、ホストの準備を再試行します。

  10. 物理サーバのセグメントを選択する場合は、次の手順を行います。
    1. 物理サーバに構成したトランスポート ゾーンに接続しているセグメントのリストから、サーバに構成するトランスポート ゾーンを選択します。
    2. 縦方向の省略記号をクリックして [編集] をクリックし、セグメントのプロパティをカスタマイズします。
      注: セグメントに関連するプロパティのみを編集できます。管理者は、セグメント名、接続されたゲートウェイ、サブネット、アップリンク チーミング ポリシー、IP アドレス プールを変更できます。
  11. NSX-T セグメントに新しいセグメント ポートを追加するには、[セグメントの選択] ウィンドウに移動し、[セグメント ポートの追加] をクリックします。[セグメント ポート] ページで値が自動的に挿入されます。
    オプション 説明
    名前 セグメント ポートの名前を入力します。
    ID 仮想インターフェイスの UUID が自動的に入力されます。
    タイプ ノードのタイプが物理サーバのため、Static が自動的に入力されます。
    コンテキスト ID トランスポート ノードの UUID が自動的に入力されます。
    注: または、API コマンド https://<NSX-Manager-IP-address>/PATCH /policy/api/v1/infra/segments/<segment-id>/ports/<port-id> を実行することもできます。

    ここで、<port-id>NSX Manager に表示される仮想インターフェイスの UUID です。

  12. 物理サーバのアプリケーション インターフェイスをセグメント ポートに接続するには、[セグメント ポートの設定] ウィンドウに移動し、[アプリケーション インターフェイスの接続] セクションを展開して、次の情報を入力します。
    注: [アプリケーション インターフェイスの接続] セクションは、物理サーバにのみ適用されます。
    オプション 説明
    名前 システム生成のアプリケーション インターフェイス名を変更できます。

    Linux 物理サーバで ovs-vsctl show を実行して、アプリケーション インターフェイス名を確認します。

    コンテキスト ID アプリケーション インターフェイスの構成を有効にするには、ホスト ノード ID を入力します。
    既存の IP の割り当て 既存の IP アドレスを使用して、アプリケーション インターフェイスの移行に使用できるようにします。
    新しい IP の割り当て オーバーレイ ネットワークを構成するときに使用します。セグメントで使用する IP アドレスの割り当て方法(IP プール、DHCP、静的)を選択します。アプリケーション インターフェイスに新しい IP アドレスを割り当てる場合は、[IP アドレス][ルーティング テーブル][デフォルト ゲートウェイ] の詳細を指定して、構成を完了します。
  13. [保存] をクリックします。
  14. トポロジ図で表されるネットワーク構成のサマリを確認します。
  15. [ホスト トランスポート ノード] ページで物理サーバを選択して、サーバの [表示の切り替え] をクリックします。物理サーバ上で構成したネットワークを表す必要があります。

結果

物理サーバが NSX-T ネットワーク用に構成されます。