この手順では、リンク集約グループが設定されたアップリンク プロファイルを作成する方法、およびそのアップリンク プロファイルを使用するように ESXi ホスト トランスポート ノードを設定する方法について説明します。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [プロファイル] > [アップリンク プロファイル] > [追加] を選択します。
  3. 名前を入力します。必要に応じて説明も入力します。
    たとえば、「 uplink-profile1」という名前を入力します。
  4. (N-VDS のみ)[LAG][追加] をクリックして、リンク集約グループを追加します。
    たとえば、2 つのアップリンクを持つ lag1 という LAG を追加します。
  5. [チーミング] で、[デフォルトのチーミング] を選択します。
  6. [アクティブ アップリンク] フィールドでは、次のいずれかの操作を行います。
    1. (N-VDS) 手順 4 で追加した LAG の名前を入力します。この例では、LAG 名は lag1 です。
    2. (VDS) vCenter Server で、VDS に構成した LAG の名前を入力します。
  7. [トランスポート VLAN] に VLAN ID を入力します。
  8. (N-VDS のみ)[MTU] に値を入力します。空にすると、NSX-T Data Center は値を 1600 に設定します。このフィールドは VDS に適用されません。
  9. ダイアログ ボックスの下部にある [追加] をクリックします。
  10. [チーミング][追加] をクリックして、リンク集約のエントリを追加します。
  11. [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] > [管理元] の順に選択します。
  12. ESXi ホストが存在する vCenter Server を選択します。
  13. [ホストの詳細] タブで、IP アドレス、OS 名、管理者認証情報、ホストの SHA-256 サムプリントを入力します。
  14. スイッチの構成中に、N-VDS か VDS スイッチかに応じて、手順 3 で作成したアップリンク プロファイル uplink-profile1 を選択します。
  15. (N-VDS) [物理 NIC] フィールドで、物理 NIC とアップリンクのドロップダウン リストに新しい NIC とアップリンク プロファイルが反映されます。ここでは、手順 4 で作成された LAG lag1 に対応するアップリンク lag1-0lag1-1 が表示されます。lag1-0 の物理 NIC および lag1-1 の物理 NIC を選択します。
  16. (VDS) [物理 NIC] フィールドで、物理 NIC とアップリンクのドロップダウン リストに新しい NIC とアップリンク プロファイルが反映されます。具体的には、VDS スイッチで構成されているアップリンク LAG が、アップリンク プロファイルのドロップダウン リストに表示されます。LAG-0 と LAG-1 に VDS アップリンクの物理 NIC を選択します。
  17. その他のフィールドに情報を入力して、ホストの準備を完了します。
    LAG プロファイルを使用して ESXi ホストがトランスポート ノードとして準備されます。