ESXi またはベアメタルに NSX Edge を手動でインストールした後に、NSX Edge をトランスポート ノードとして NSX-T Data Center ファブリックに設定します。

トランスポート ノードは、 NSX-T Data Center オーバーレイまたは NSX-T Data Center VLAN ネットワークに参加できるノードです。N-VDS が含まれているノードは、トランスポート ノードとして機能します。これらのノードには NSX Edge が含まれていますが、これらに限定されません。

NSX Edge は、1 つのオーバーレイ トランスポート ゾーンおよび複数の VLAN トランスポート ゾーンに属することができます。仮想マシンから外部へのアクセスが必要な場合は、NSX Edge が、仮想マシンの論理スイッチが属しているのと同じトランスポート ゾーンに属している必要があります。通常、NSX Edge は 1 つ以上の VLAN トランスポート ゾーンに属して、アップリンク アクセスを提供します。

前提条件

  • トランスポート ゾーンが設定されている必要があります。
  • コンピュート マネージャが設定されていることを確認します。コンピュート マネージャの追加 を参照してください。
  • アップリンク プロファイルが設定されている必要があります。設定されていない場合は、ベア メタル NSX Edge ノード用のデフォルトのアップリンク プロファイルを使用できます。
  • IP アドレス プールが設定されているか、ネットワーク環境内の IP アドレス プールを使用できる必要があります。
  • ホストまたは NSX Edge ノード上で 1 個以上の未使用の物理 NIC が必要です。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ノード] > [Edge トランスポート ノード] > [Edge の編集] の順に選択します。
  3. Edge ノードを選択して、[編集] をクリックします。
  4. N-VDS の情報を入力します。
    オプション 説明
    Edge スイッチ名 ドロップダウン メニューから VLAN スイッチを選択します。
    トランスポート ゾーン このトランスポート ノードが属するトランスポート ゾーンを選択します。NSX Edge トランスポート ノードは 2 つ以上のトランスポート ゾーン(NSX-T Data Center 接続用のオーバーレイとアップリンク接続用の VLAN)に属します。
    注: トランスポート ゾーン内の複数の VTEP を同じネットワーク セグメントに設定する必要があります。トランスポート ゾーンの VTEP を異なるネットワーク セグメントに設定すると、VTEP 間で BFD セッションを確立できません。
    アップリンク プロファイル ドロップダウン メニューからアップリンク プロファイルを選択します。

    使用可能なアップリンクは、選択したアップリンク プロファイルでの設定によって異なります。

    IP の割り当て オーバーレイ N-VDS に [IP プールを使用] または [固定 IP のリストを使用] を選択します。これらの IP アドレスは、VTEP として NSX Edge トランスポート ノードに割り当てられます。NSX Edge 上に複数の VTEP がある場合、同じサブネット内に存在する必要があります。
    • [固定 IP アドレスのリストを使用] を選択した場合は、IP アドレス、ゲートウェイ、およびサブネット マスクのコンマ区切りのリストを指定する必要があります。
    • IP 割り当てに [IP プールを使用] を選択した場合は、IP プール名を指定します。
    DPDK Fastpath インターフェイス/仮想 NIC アップリンク インターフェイスのデータ パス インターフェイス名を選択します。
    注: 指定されたチーミング ポリシーで設定された論理スイッチを経由してトラフィックが送信されるようにするには、デフォルトのチーミング ポリシーのすべてのアップリンクを NSX Edge 仮想マシンの物理ネットワーク インターフェイスにマッピングします。
  5. [トランスポート ノード] ページで接続ステータスを表示します。
    NSX Edge をトランスポート ノードとして追加した後、接続状態は 10 ~ 12 分後に [稼動中] に変わります。
  6. (オプション) GET https://<nsx-manager>/api/v1/transport-nodes/<transport-node-id> API 呼び出しを使用して、トランスポート ノードを確認します。
  7. (オプション) 状態の情報を確認するには、GET https://<nsx-mgr>/api/v1/transport-nodes/<transport-node-id>/status API 呼び出しを使用します。
  8. vCenter Server を使用して NSX Edge ノードを新しいホストに移行した後、NSX Manager UI に NSX Edge の古い設定情報(コンピュート、データストア、ネットワーク、SSH、NTP、DNS、検索ドメイン)が表示されることがあります。新しいホストで NSX Edge の最新の設定情報を取得するには、API コマンドを実行します。
    POST api/v1/transport-nodes/<transport-node-id>?action=refresh_node_configuration&resource_type=EdgeNode

次のタスク

NSX Edge ノードを NSX Edge クラスタに追加します。NSX Edge クラスタの作成 を参照してください。