vSphere Lifecycle Manager で有効になっているクラスタに NSX-T クラスタを準備できますが、NSX-T 用に準備された既存のクラスタで vSphere Lifecycle Manager を有効にできます。

前提条件

  • クラスタ内のすべてのホストが ESXi 7.0 U1 を実行していることを確認します。
  • 次の設定を使用して、コンピュート マネージャを登録します。
    • [信頼] を有効にして、vSphere Lifecycle Manager のアクセス レベルを設定します。NSX-T と vSphere Lifecycle Manager 間の通信を確立するには、信頼が必須です。
    • [サービス アカウントの作成] を有効にします。
  • トランスポート ノード プロファイル(VDS をホスト スイッチ タイプとして使用)をクラスタに適用して、クラスタを準備します。
    注: vSphere Lifecycle Manager が有効になっているクラスタで、N-VDS ホスト スイッチはサポートされません。

手順

  1. ブラウザから管理者権限で https://<vccenter-server-ip-address> の vCenter Server にログインします。
  2. vSphere Lifecycle Manager 機能が有効になっているクラスタを選択します。
  3. [イメージ] ページで、すべてのホストが準拠していることを確認します。非遵守状態のホストがある場合は、クラスタに設定された ESXi イメージに準拠するようにホストを修正します。
  4. vSphere Lifecycle Manager でクラスタのソリューションが NSX に設定されていることを確認します。NSX ソリューションが vSphere Lifecycle Manager クラスタに設定されていることを確認するには、次のいずれかを行います。
    1. vCenter Server の [イメージ] ページで [コンプライアンスの確認] をクリックし、[コンポーネント] セクションで NSX エントリを確認します。
    2. または、API コマンドを実行して、コンポーネントとバージョンが NSX に設定されていることを確認します。
      GET https://{server}/api/esx/settings/clusters/{cluster}/software/solutions/com.vmware.nsxt?vmw-task=true
          components" : [
      	{
      	 "component" : "nsx-lcp-bundle"      
      	}
      	],
          "version" : "3.1-0"
  5. vSphere Lifecycle Manager が有効になっているクラスタに新しいホストが追加されると、NSX-T は vSphere Lifecycle Manager を呼び出し、クラスタに設定されている ESXi イメージにホストが準拠しているかどうかを確認します。ホストとクラスタ イメージに誤差がない場合は、ホストにトランスポート ノード プロファイルが適用されます。ホスト上の NSX-T VIB。インストールの最後の部分で、NSX Manager と NSX スイッチの構成を登録します。
  6. 問題のトラブルシューティング:

    vSphere Lifecycle Manager がソリューションとして NSX をクラスタに適用できなかった場合、NSX ManagerNSX-T クラスタは [失敗] 状態になります。クラスタ内のホストを修正するには、次のいずれかを行います。

    1. vCenter Server に移動し、次の条件が満たされていることを確認します。
      • ホストが準拠している。

      • ホストがパワーオフされていないか、メンテナンス モードでない。

    2. UI または API を使用してクラスタの状態を確認します。クラスタ内のホストが Failed 状態の場合でも、クラスタは未確認状態のままになります。

      API GET /<NSX-Manager-IP>/api/v1/transport-node-collections/<transport-node-collection-id> を実行して、クラスタの状態を確認します。

    3. いずれかのホストで障害が発生した場合、クラスタ内の残りのホストは Install Skipped 状態になります。修正するには、エラー メッセージを確認して必要なアクションを実行します。[解決] をクリックして、ホストの修正と NSX-T の準備を再試行します。修正は、一度に 1 台のホストずつ、順番に行われます。
    4. クラスタがまだ Failed 状態になっている場合は、UI でクラスタの [解決] をクリックするか、API を実行してクラスタのトランスポート ノード プロファイルを認識します。次の API は、クラスタを修正するだけでなく、Install Skipped 状態のホストの準備も行います。クラスタ全体の修正を再試行します。インストールがスキップされたホストの準備を試みます。
      POST /api/v1/transport-node-collections/<transport-node-collection-id>?action=retry_profile_realization

結果

NSX-T クラスタで vSphere Lifecycle Manager が有効になります。

次のタスク

クラスタで vSphere Lifecycle Manager を有効にすると、クラスタに設定されたイメージと vCenter Server 内のホスト間の誤差を修正できます。