ステートフル ターゲット クラスタを準備して、クラスタに参加する新しいホストが ESXiNSX-T VIB で自動的に展開されるようにします。

クラスタ内またはクラスタ外のいずれかのホストをリファレンス ホストとして選択できます。リファレンス ホストのホスト プロファイルが抽出され、ターゲット ホストに適用されるため、リファレンス ホストを作成する必要があります。VMkernel アダプタの移行は、N-VDS と VDS の両方のスイッチ タイプでサポートされます。

ここでは、vmk0(管理トラフィック)と vmk1(vMotion トラフィック)を N-VDS スイッチに移行する手順について説明します。

前提条件

手順

  1. リファレンス ホストで、サポートされる ESXi ビルドを展開します。
    1. vSphere で、vmk1 アダプタを追加します。vmk0 はすでに存在し、管理トラフィックを処理しています。
  2. トランスポート ノードとしてリファレンス ノードを構成します。
    1. vmk0 と vmk1 を移行する前に、vSphere Web Client を使用して、NSX-T に論理スイッチが作成されていることを確認します。
    2. (オプション)NSX-T のインストール後に論理スイッチにマッピングされた vmk1 アダプタが N-VDS スイッチに移行されるように、NSX-T Manager UI で NSX を構成します。
    3. (オプション)NSX-T のインストール後に論理スイッチにマッピングされた vmk0 アダプタが N-VDS スイッチに移行されるように、NSX-T Manager UI で NSX-T を構成します。
      注: vmk0 と vmk1 は異なる VSS または VDS スイッチに接続できます。
    4. vSphere Web Client で、vmk0 と vmk1 が N-VDS スイッチ上の論理スイッチに接続されていることを確認します。
  3. リファレンス ホストからホスト プロファイルを抽出します。
  4. 環境によっては、N-VDS スイッチへの移行が必要な vmkernel アダプタが数多く存在していることがあります。ただし、vmk アダプタを VSS/VDS から N-VDS スイッチに移行する前に、ターゲット ホスト上の構成パラメータがリファレンス ホストの構成パラメータと一致するようにしてください。
  5. ターゲット ホストがスタンドアローン ホストの場合:
    1. ホスト プロファイルをターゲット ホストに適用します。
    2. ホストの NSX-T を手動で設定します。 ESXi のホスト プロファイルが原因でホストをトランスポート ノードとして設定する場合は、次の条件を満たしていることを確認します。
    3. ホストが、同じトランスポート ゾーンに属している必要があります。
    4. vmk1 アダプタが、リファレンス ホストと同じ論理スイッチに接続している必要があります。
    5. ターゲット ホストが、リファレンス ホストと同じ IP プールを使用している必要があります。
    6. アップリンク プロファイル、LLDP、NIOC、インストールのネットワーク マッピング、ターゲット ホストで設定された N-VDS がリファレンス ホストの設定と一致している必要があります。
    7. VMkernel アダプタの vmk1 と vmnic1 を手動で追加し、VSS/VDS スイッチから N-VDS スイッチに移行します。vmk1 の移行シナリオを参照してください。
    8. 管理アダプタの vmk0 と vmnic0 を手動で追加します。
  6. ターゲット ホストがクラスタの一部である場合:
    1. ホスト プロファイルをステートフル ターゲット クラスタに適用します。
    2. TN プロファイルを作成して、クラスタに適用します。
    3. 移行する vmk1 と vmnic1 を設定する方法については、vmk1 の移行シナリオを参照してください。
    4. 移行する vmk0 と vmnic0 を設定する方法については、vmk0 の移行シナリオを参照してください。
    5. TN プロファイルをクラスタに適用する方法

次のタスク

VMkernel アダプタの移行で NSX-T に適用されたホスト プロファイルを使用する場合と使用しない場合のシナリオ