トランスポート ゾーンでは、特定のネットワークを使用できるホストと仮想マシンを指定します。トランスポート ゾーンで論理スイッチを認識できるホストを制限し、論理スイッチに接続できる仮想マシンを制限することで、この制御が実現します。1 つのトランスポート ゾーンの範囲が、1 つ以上のクラスタにまたがることができます。

NSX-T Data Center 環境には、要件に基づいて 1 つ以上のトランスポート ゾーンを含めることができます。1 台のホストが、複数のトランスポート ゾーンに属することができます。論理スイッチは、1 つのトランスポート ゾーンのみに属することができます。

NSX-T Data Center では、レイヤー 2 ネットワークの異なるトランスポート ゾーンにある仮想マシンに接続できません。論理スイッチの範囲は 1 つのトランスポート ゾーンに制限されるため、異なるトランスポート ゾーンにある仮想マシンは同じレイヤー 2 ネットワーク上に配置できません。

オーバーレイ トランスポート ゾーンは、ホスト トランスポート ノードと NSX Edge の両方で使用されます。ホストがオーバーレイ トランスポート ゾーンに追加された場合、そのホストに N-VDS または VDS スイッチを構成できます。NSX Edge トランスポート ノードがオーバーレイ トランスポート ゾーンに追加された場合、N-VDS スイッチのみを構成できます。

VLAN トランスポート ゾーンは、NSX Edge およびホストのトランスポート ゾーンが VLAN アップリンクに使用します。NSX Edge が VLAN トランスポート ゾーンに追加されると、VLAN N-VDS が NSX Edge にインストールされます。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [トランスポート ゾーン] > [追加] を選択します。
  3. トランスポート ゾーンの名前と、必要に応じて説明を入力します。
  4. [オーバーレイ][VLAN] 間のトラフィック タイプを選択します。
  5. 1 つ以上のアップリンク チーミング ポリシー名を入力します。これらの名前付きチーミング ポリシーは、トランスポート ゾーンに接続される論理スイッチで使用できます。論理スイッチで一致する名前付きチーミング ポリシーが見つからない場合は、デフォルトのアップリンク チーミング ポリシーが使用されます。
  6. トランスポート ゾーンを追加したら、[トランスポート ゾーン] 画面に移動して、新しく追加されたトランスポート ゾーンを表示します。
  7. (オプション) 新しいトランスポート ゾーンは、GET https://<nsx-mgr>/api/v1/transport-zones API 呼び出しで確認することもできます。
    	
    {
      "cursor": "00369b661aed-1eaa-4567-9408-ccbcfe50b416tz-vlan",
      "result_count": 2,
      "results": [
        {
          "resource_type": "TransportZone",
          "description": "comp overlay transport zone",
          "id": "efd7f38f-c5da-437d-af03-ac598f82a9ec",
          "display_name": "tz-overlay",
          "host_switch_name": "overlay-hostswitch",
          "transport_type": "OVERLAY",
          "transport_zone_profile_ids": [
            {
              "profile_id": "52035bb3-ab02-4a08-9884-18631312e50a",
              "resource_type": "BfdHealthMonitoringProfile"
            }
          ],
          "_create_time": 1459547126454,
          "_last_modified_user": "admin",
          "_system_owned": false,
          "_last_modified_time": 1459547126454,
          "_create_user": "admin",
          "_revision": 0,
          "_schema": "/v1/schema/TransportZone"
        },
        {
          "resource_type": "TransportZone",
          "description": "comp vlan transport zone",
          "id": "9b661aed-1eaa-4567-9408-ccbcfe50b416",
          "display_name": "tz-vlan",
          "host_switch_name": "vlan-uplink-hostwitch",
          "transport_type": "VLAN",
          "transport_zone_profile_ids": [
            {
              "profile_id": "52035bb3-ab02-4a08-9884-18631312e50a",
              "resource_type": "BfdHealthMonitoringProfile"
            }
          ],
          "_create_time": 1459547126505,
          "_last_modified_user": "admin",
          "_system_owned": false,
          "_last_modified_time": 1459547126505,
          "_create_user": "admin",
          "_revision": 0,
          "_schema": "/v1/schema/TransportZone"
        }
      ]
    }
    
    

次のタスク

オプションで、カスタム トランスポート ゾーン プロファイルを作成し、それをトランスポート ゾーンにバインドします。カスタム トランスポート ゾーン プロファイルは、POST /api/v1/transportzone-profiles API を使用して作成できます。トランスポート ゾーン プロファイルの作成にユーザー インターフェイスを使用するワークフローはありません。トランスポート ゾーン プロファイルの作成後は、PUT /api/v1/transport-zones/<transport-zone-id> API を使用してトランスポート ゾーンで確認できます。

トランスポート ノードを作成します。トランスポート ノードとしてのスタンドアローン ホストの準備 を参照してください。