Edge のカットオーバー移行を行うには、構成ファイルを .json 形式で作成し、Migration Coordinator への入力として指定します。

Migration Coordinator は、定義済みの JSON スキーマと照合して入力構成ファイルを検証します。構成ファイルは、Migration Coordinator に次の情報を提供します。
  • NSX Data Center for vSphere Edge アプライアンスのリスト。分散論理ルーター (DLR)、Edge サービス ゲートウェイ (ESG)、あるいはその両方が含まれています。
    • Edge のカットオーバーに含まれる分散論理ルーターの Edge ID。
    • DHCP リースを移行する Edge Services Gateway の Edge ID(Edge Services Gateway で DHCP サービスが構成されている場合)。
  • NSX-v Edge と NSX-T Data Center Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイの名前の最適なマッピング。
たとえば、次の図は vSphere Client[NSX Edge] ページの一部を表しています。分散論理ルーターと Edge Services Gateway の Edge ID が強調表示されます。これらの Edge ID を構成ファイルで使用します。

NSX for vSphere Edges の Edge ID が強調表示されています。
以下に、サンプル パラメータ値が設定されている .json 構成ファイルの構造を示します。
[
    {
        "name": "ns-edge-cutover",
        "v_edges_to_policy_gateways_mappings": [
            {
                "v_edges": [
                    "edge-1",
                    "edge-2"
                ],
                "policy_gateway_name": "my_tier1"
            }
        ]
    }
]
表 1. 構成ファイルのパラメータ
パラメータ 説明 データ タイプ 注:

name

この構成の名前。

文字列

このパラメータは必須です。

v_edges_to_policy_gateways_mappings

Edge のカットオーバーと DHCP リース移行のマッピングのリスト。

各マッピングは、 v_edgespolicy_gateway_name の 2 つのパラメータで構成されます。

これらの 2 つのパラメータの詳細については、次の 2 つの行を参照してください。

配列

このパラメータは必須です。

v_edges

NSX-v Edge ID のリスト。このリストには、Edge カットオーバーの DLR の Edge ID、DHCP リース移行の ESG の Edge ID、またはその両方が含まれます。

文字列値の配列

このパラメータは必須です。

最小:1 つの Edge ID

最大:リストあたり 2 つの Edge ID

リスト内の Edge ID は一意にする必要があります。

policy_gateway_name

NSX-v Edge と NSX-T Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイの名前の最適なマッピング。

文字列

このパラメータは必須です。

この名前は、事前に構成されている NSX-T Tier-0 または Tier-1 ゲートウェイ名と完全に一致させる必要があります。

例 1:構成ファイル

次の図は、トポロジ 1(高可用性と L4-L7 サービスが有効になっている ESG)で構成されているNSX-v 環境を表しています。右側は、同等の NSX-T トポロジです。


図の左側は NSX for vSphere トポロジ、右側は NSX-T トポロジです。

この例では、ESG で NAT サーバと DHCP サーバが構成されていることを前提としています。NSX-T 環境で、これらのサービスが Tier-0 ゲートウェイで構成されています。Edge のカットオーバー中に、ESG の DHCP リースが Tier-0 ゲートウェイのゲートウェイ DHCP サーバに移行されます。

入力構成ファイルで必要なマッピングは次のとおりです。
[
    {
        "name": "ns-edge-cutover",
        "v_edges_to_policy_gateways_mappings": [
            {
                "v_edges": [
                    "edge-1",
                    "edge-2"
                ],
                "policy_gateway_name": "my_tier0"
            }
        ]
    }
]
この構成ファイルで:
  • edge-1 は、Edge カットオーバーに含まれる分散論理ルーターの Edge ID です。
  • edge-2 は、DHCP サービスが構成されている Edge Services Gateway の Edge ID です。
  • my_tier0 は、NSX-T Tier-0 ゲートウェイの名前です。

例 2:構成ファイル

次の図は、トポロジ 4(ワンアーム ロード バランサ)で構成されている NSX-v 環境を表しています。右側は、同等の NSX-T トポロジです。


図の左側は NSX for vSphere トポロジ、右側は NSX-T トポロジです。

この例の ESG では、NSX-v 論理スイッチに接続するシングルアーム ロード バランサが 1 つだけ構成されています。この ESG では、DHCP サービスが実行されていません。対応する NSX-T トポロジでは、Edge のカットオーバーの前に、ロード バランサ サービスが Tier-1 ゲートウェイ(サービス インターフェイス)に構成されています。Edge のカットオーバーを行うと、North-South トラフィックだけが NSX-T Edge ノードに移行されます。DHCP リースの移行は行われません。

入力構成ファイルで必要なマッピングは次のとおりです。
[
    {
        "name": "ns-edge-cutover",
        "v_edges_to_policy_gateways_mappings": [
            {
                "v_edges": [
                    "edge-1"                    
                ],
                "policy_gateway_name": "my_tier0"
            }
        ]
    }
]
この構成ファイルで:
  • edge-1 は、Edge カットオーバーに含まれる分散論理ルーターの Edge ID です。
  • my_tier0 は、NSX-T Tier-0 ゲートウェイの名前です。

例 3:構成ファイル

次の図は、トポロジ 4(ワンアーム ロード バランサ)で構成されている NSX-v 環境を表しています。この例では、NSX-v 論理スイッチに接続されている ESG で、ロード バランサと DHCP サーバの両方が実行されています。右側は、同等の NSX-T トポロジです。Edge のカットオーバーの前にゲートウェイ DHCP サーバとロード バランサ サービスが NSX-T トポロジに構成されていることに注意してください。


図の左側は NSX for vSphere トポロジ、右側は NSX-T トポロジです。

Edge のカットオーバーを行うと、論理スイッチに接続している ESG の DHCP リースが Tier-0 ゲートウェイのゲートウェイ DHCP サーバに移行されます。

入力構成ファイルで必要なマッピングは次のとおりです。
[
    {
        "name": "ns-edge-cutover",
        "v_edges_to_policy_gateways_mappings": [
            {
                "v_edges": [
                    "edge-1",
                    "edge-2"
                ],
                "policy_gateway_name": "my_tier0"
            }
        ]
    }
]
この構成ファイルで:
  • edge-1 は、Edge カットオーバーに含まれる分散論理ルーターの Edge ID です。
  • edge-2 は、DHCP サービスが構成されている Edge Services Gateway の Edge ID です。ESG は、NSX-v 論理スイッチに接続されています。
  • my_tier0 は、NSX-T Tier-0 ゲートウェイの名前です。

また、次の図のように、NSX-T トポロジを構成する方法もあります。このトポロジでは、DHCP サーバ プロファイルが Tier-1 ゲートウェイに適用されています。この Tier-1 ゲートウェイのアップリンクは Tier-0 ゲートウェイに接続しています。また、NSX-T オーバーレイ セグメントは、この Tier-1 ゲートウェイのダウンリンクに接続しています。


この図は、NSX-T トポロジを表しています。

この場合、Migration Coordinator は、Tier-0 ゲートウェイに接続している Tier-1 ゲートウェイのゲートウェイ DHCP サーバに DHCP リースを移行します。

入力構成ファイルで必要なマッピングは次のとおりです。
[
    {
        "name": "ns-edge-cutover",
        "v_edges_to_policy_gateways_mappings": [
            {
                "v_edges": [
                    "edge-1",
                    "edge-2"
                ],
                "policy_gateway_name": "my_tier1"
            }
        ]
    }
]
この構成ファイルで:
  • edge-1 は、Edge カットオーバーに含まれる分散論理ルーターの Edge ID です。
  • edge-2 は、DHCP サービスが構成されている Edge Services Gateway の Edge ID です。ESG は、NSX-v 論理スイッチに接続されています。
  • my_tier1 は、Tier-0 ゲートウェイに接続している NSX-T Tier-1 ゲートウェイの名前です。