このセクションでは、移行先の NSX-T Data Center 環境に別のハードウェア(コンピューティングクラスタなど)を展開することなく、NSX Data Center for vSphere 環境の特定の部分を移行するために使用できる高度な移行モードについて説明します。

たとえば、新しい NSX-T Data Center トポロジを作成し、Migration Coordinator を使用せずに NSX-T Edge やその他のネットワーク サービスを手動で構成したい場合があります。たとえば、既存の NSX-v ホストに NSX-T Edge ノードを展開できます。

目標は、Migration Coordinator を使用して、既存の分散ファイアウォール (DFW) 構成と NSX-v コンピューティング ホストを NSX-T に移行することです。新しい NSX-T 環境に移行する際に、East-West トラフィック セキュリティ保護の中断を最小限に抑えながら、ワークロード仮想マシンを既存のコンピューティング ハードウェア上で引き続き実行できます。

DFW 構成とコンピューティング ホストのみのインプレース移行を実行しているため、Migration Coordinator は NSX-T トポロジを定義しません。ユーザー独自の NSX-T トポロジを定義できる柔軟性があります。言い換えれば、このガイドの「NSX Data Center for vSphere全体の移行」セクションで説明されているサポート対象移行トポロジは、インプレース移行には関係ありません。

NSX-v 環境に VDS 7.0 以降がある場合は、vSphere High Availability (HA) を有効にできます。NSX-v 環境に VDS 6.5 または 6.7 があり、vmkernel ポート (vmks) が VDS に接続されている場合、インプレース移行中にホストと仮想マシンのネットワーク接続が一定期間失われ、HA がトリガされることがあります。HA のメカニズムでは、仮想マシンのパワーオフ、移行、再起動が試行されます。NSX-v 環境が NSX-v に移行中のため、この処理は失敗することがあります。その結果、移行後に仮想マシンがパワーオフ状態のままになったり、パワーオンされていてもネットワーク接続が切断されている場合があります。この状況を回避するには、NSX-T への移行を開始する前に、HA を無効にするか、管理 VMK を VSS に接続します。

注:ワークロード仮想マシンを削除しても、移行中に作成された論理ポートとスイッチは削除されません。これらのポートとスイッチを削除するには、NSX Manager UI または API を使用する必要があります。