構成を移行した後に、NSX-v Edge Services Gateway を NSX-T Data Center に移行できます。

トポロジに Edge Services Gateway アプライアンスが存在しない場合は、[開始] をクリックします。これにより、[ホストの移行] 手順に進むことができます。

前提条件

  • 構成に関するすべての問題を解決する必要があります。
  • NSX-v オブジェクトの構成と vRealize Automation が作成したリソースの構成は NSX-T に移行する必要があります。
  • 移行した構成が NSX Manager UI または NSX-T Data Center の API で表示されることを確認します。
  • 前回の構成上の変更が行われてから、NSX-v および vSphere のバックアップが作成されていることを確認します。
  • NSX-T Edge ノードのアップリンクに新しい IP アドレスを使用する場合は、これらの新しい BGP ネイバーの IP アドレスが指定されたノースバウンド ルーターを設定する必要があります。
  • Edge トンネル エンドポイント (TEP) に IP プールが作成されていることを確認します。Edge トンネル エンドポイントの IP アドレス プールの作成 を参照してください。
  • NSX-T で作成された論理ルーター インターフェイスでは、デフォルトのグローバル MTU 設定 (1,500) が使用されます。すべての論理ルーター インターフェイスにこれよりも大きい MTU が設定されているか確認する場合は、デフォルトのグローバル MTU 設定を変更します。詳細については、Edge の移行前の NSX Edge ノード構成の変更を参照してください。

手順

  1. [Edge の移行] ページで [開始] をクリックします。
    すべての Edge が移行されます。 NSX-v Edge Services Gateway のアップリンクが内部的に切断され、 NSX-T Edge ノードのアップリンクがオンラインになります。
  2. 新しい NSX-T Data Center 環境でルーティングとサービスが正常に機能していることを確認します。
    正常に機能していればホストを移行できます。 NSX Data Center for vSphere ホスト移行の設定 を参照してください。

結果

移行プロセスで次の変更が行われます。
  • NSX-v Edge サービス ゲートウェイ (ESG) のルーティングとサービスの構成が、新しく作成された NSX-T Data Center Edge ノードに転送されます。
  • 新しく作成された NSX-T Data Center Edge ノードの新しい TEP IP アドレスが、Edge トンネル エンドポイントに新たに作成された IP プールから構成されます。

次のタスク

オプション:NSX-v Edge Services Gateway の移行後に、ここまでに出力されたマッピング ファイルをダウンロードして確認します。ただし、[Edge の移行]手順の完了後に、マッピング ファイルに新しい情報が追加されることはありません。