NSX-T Data Center で、移行後のセキュリティ ポリシーが、ネットワーク イントロスペクションにのみサードパーティのパートナー サービスを使用している場合は、クラスタ化されたサービス展開またはホストベースのサービス展開でパートナー サービスのインスタンスを展開します。

前提条件

クラスタ化されたサービス展開を使用する場合:
  • 最初のクラスタの 1 台以上のホストが NSX-T Data Center に移行されます。
ホストベースのサービス展開を使用する場合:
  • クラスタ内のすべてのホストが NSX-T に移行されます。
  • トランスポート ノード プロファイルがクラスタに適用されます。

手順

  1. ブラウザから NSX Manager (https://nsx-manager-ip-address) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [サービス展開] > [展開] の順に移動します。
  3. [パートナー サービス] ドロップダウン メニューで、展開するパートナー サービスを選択し、[サービスの展開] をクリックします。
  4. サービスの展開名を入力します。
  5. NSX-T Data Center でコンピュート マネージャとして登録されている vCenter Server を選択します。
  6. 展開タイプ([ホストベース] または [クラスタ化])を選択します。
  7. パートナー サービスを展開するクラスタを選択します。
  8. (クラスタ化された展開の場合のみ):[ホスト] ドロップダウン メニューで、ホストを選択します。または、[任意] を選択して、NSX-T NSX Manager がホストを選択できるようにします。
  9. [データストア] ドロップダウン メニューで、パートナー サービス仮想マシン (SVM) のリポジトリとしてデータ ストアを選択します。
    • クラスタ化された展開:ホストに [任意] を選択した場合は、共有データ ストアを選択します。特定のホストを指定した場合は、ローカル データ ストアを選択します。
    • ホストベースの展開:特定のデータストアを選択するか、[ホストに指定] を選択します。[ホストに指定] オプションを使用した場合、[サービスの展開] ページでデータストアとネットワークを選択する必要はありません。パートナー サービスを展開する前に、特定のデータストアとネットワークを参照するように、各 ESXi ホストでエージェント仮想マシンの設定を構成する必要があります。

      エージェント仮想マシンの設定を構成する方法については、vSphere 製品のドキュメントを参照してください。

  10. [ネットワーク] で [設定] をクリックし、展開に使用する NIC を選択します。
    1. 管理インターフェイス用のネットワークを選択します。

      ホストベースの展開で、[ホストに指定] としてデータストアを設定する場合、ネットワークも [ホストに指定] として設定する必要があります。

    2. ネットワーク タイプを [DHCP] または [固定 IP プール] に設定します。ネットワーク タイプを固定 IP プールに設定した場合は、使用可能な IP プールのリストから選択します。
  11. [展開テンプレート] ドロップダウン メニューで、必要なテンプレートを選択します。
    通常、展開の仕様と展開テンプレートのフィールドには、サービス定義の一部としてパートナー コンソールからプッシュされた情報が自動的に選択されます。
  12. [サービス セグメント] ドロップダウン メニューで、Migration Coordinator がオーバーレイ トランスポート ゾーンに作成したサービス セグメントを選択します。
  13. (クラスタ化された展開の場合のみ):[クラスタ化された展開の数] テキスト ボックスで、クラスタに展開するサービス仮想マシンの数を指定し、[保存] をクリックします。
  14. [展開] ページで展開状態を確認します。状態が「稼動中」に変わるまで待ちます。

    最新の状態を取得するために、[展開] ページの更新が数回必要になる場合があります。

    状態列に「停止」と表示された場合は、[停止] の横にあるアイコンをクリックします。すべてのデプロイ エラーが表示されます。必要なアクションを実行してエラーを修正し、[解決] をクリックします。状態が「進行中」に変わります。状態が「稼動中」に変わるまで待ちます。