移行プロセスでは、新しい NSX-T Data Center 環境を設定し、Migration Coordinator を実行します。また、NSX-T Data Center に確実に移行できるよう、既存の NSX Data Center for vSphere 環境の変更が必要になる場合もあります。

注意:

NSX Data Center for vSphere 移行のターゲットとなる新しい NSX-T Data Center 環境を展開します。

[構成のインポート]のステップで、ターゲットの NSX-T Data Center 環境のすべての NSX Edge ノード インターフェイスがシャットダウンされます。ターゲット NSX-T Data Center 環境が構成済みで、すでに使用されている場合、構成のインポートを開始するとトラフィックが中断されます。

移行中は、次の手順を実行します。
  1. 新しい NSX-T Data Center 環境を作成します。
    • 1 つの NSX Manager アプライアンスを展開して、NSX-T Data Center 環境を作成します。
    • ホストをメンテナンス モードで移行する場合は NSX Data Center for vSphere から NSX-T Data Center に移行するクラスタに共有ストレージを構成します。これにより、移行プロセスで自動 vMotion が有効になります。この条件を満たさない仮想マシンは、移行または vMotion を行う前に手動でパワーオフする必要があります。
    • NSX-T 環境でコンピュート マネージャを構成します。vCenter Server をコンピューティング リソースとして追加します。
      重要: NSX Data Center for vSphere vCenter Server を登録するときに指定した正確な IP アドレスまたはホスト名を使用します。
    • Migration Coordinator サービスを開始します。
    • NSX Data Center for vSphere からユーザーをインポートする場合は、VMware Identity Manager を設定します。
    • NSX Data Center for vSphere トポロジで Edge Services Gateway を使用している場合は、NSX-T Edge TEP に使用する NSX-T IP プールを作成します。これらの IP アドレスは、すべての既存の NSX Data Center for vSphere VTEP と通信可能である必要があります。
    • NSX Edge ノードを展開します。
      • 正確な数の NSX-T NSX Edge アプライアンスを適切なサイズで展開します。
      • コマンド ラインで Edge ノードを管理プレーンに追加します。
    • NSX-v 環境のセキュリティ ポリシーでパートナーから提供されるサードパーティのゲスト イントロスペクション サービスまたはネットワーク イントロスペクション サービスを使用している場合は、パートナー サービスを NSX-T Data Center に登録する必要があります。
  2. NSX Data Center for vSphere から構成をインポートします。
    • NSX Data Center for vSphere 環境の詳細を入力します。
    • Migration Coordinator への入力として .json 形式の vRealize Automation 展開構成ファイルをアップロードします。
    • 構成が取得され、事前チェックが実行されます。
  3. 構成の問題を解決します。
    • メッセージと報告された構成の問題を確認して、移行を妨げている問題または NSX Data Center for vSphere 環境の変更が必要になるその他の問題を特定します。
      • 移行の進行中に NSX Data Center for vSphere 環境を変更した場合は、移行を再開して、設定を再度インポートする必要があります。
    • NSX Data Center for vSphere 環境を NSX-T Data Center に移行する前に解決が必要な構成の問題に対して入力を行います。問題の解決は、複数のパスで複数のユーザーによって実行できます。
  4. 構成を移行します。
    • すべての構成の問題が解決したら、NSX-T Data Center に構成を移行できます。NSX-T Data Center で構成の変更が行われますが、NSX Data Center for vSphere 環境にはまだ変更は行われません。
  5. NSX-T Data Center で、移行された構成の認識を確認します。
    • Migration Coordinator に未認識の構成エラーが表示されているかどうかを確認します。
    • 中間出力のマッピング ファイルをダウンロードし、vRealize Automation クラウド管理者と共有して最初の確認を行います。
    • Edge の移行を進める前に、NSX-T で不足している構成を解決するための適切なアクションを実行します。
  6. Edge を移行します。
    • ルーティングと Edge サービスは、NSX Data Center for vSphere から NSX-T Data Center に移行されます。
      注意: Edge の移行手順で North-South トラフィックが中断します。以前は Edge Services Gateway(North-South トラフィック)を経由していたすべてのトラフィックが、 NSX-T Edge に移動します。
  7. ホストを移行します。
    • NSX Data Center for vSphere ソフトウェアがホストから削除され、NSX-T ソフトウェアがインストールされます。仮想マシン インターフェイスは、新しい NSX-T Data Center セグメントに接続されます。
      注意: 移行モードに [インプレース] を選択すると、ホストの移行手順でトラフィックが数秒間中断します。ただし、移行モードに [メンテナンス] を選択した場合は、トラフィックの中断が発生しません。
    • すべてのクラスタ内のホストが NSX-T に移行された後、最終出力のマッピング ファイルをダウンロードします。
  8. 移行を完了します。
    • 新しい NSX-T Data Center 環境が適切に機能していることを確認したら、移行を終了して、移行状態をクリアすることができます。
  9. 移行後に必要なタスクを実行します。
    • NSX-T Data Center 環境を本番環境で使用する前に、2 台の NSX Manager アプライアンスを追加で展開してください。
    • NSX-v 環境をアンインストールします。