Migration Coordinator では、すべてを移行する全体的なアプローチを採用しています。組織によっては、このアプローチが適切でない場合があります。

リフトアンドシフト移行では、既存の NSX Data Center for vSphere インフラストラクチャと並行して新しい NSX-T Data Center インフラストラクチャを導入します。管理クラスタや Edge クラスタなど、一部のコンポーネントは共有することができます。ただし、ワークロードを実行するコンピュート クラスタには、個別のハードウェア ( ESXi サーバ) を用意する必要があります。このアプローチでは、個々のテナントとワークロードの要件に基づいて移行を計画し、1 つずつ移行することができます。

たとえば、組織でサーバ ハードウェアの更新を計画しているとします。この更新サイクルで、最新の NSX-T Data Center プラットフォームへの切り替え行います。組織では、部分的な移行またはモジュールごとの移行を行い、NSX-T Data Center 環境で新しいネットワーク トポロジーを構成できる柔軟性を維持することを計画しています。

この場合、同じトポロジの別のハードウェアに新しい NSX-T Data Center 環境を展開することも、新しいトポロジを定義することもできます。新しい NSX-T 環境を展開し、構成している間、既存の NSX-v 環境は並行して実行されます。

その後、NSX-v 論理構成の特定の部分を段階的に移行できます。また、必要に応じて、宛先の NSX-T 環境でいくつかの構成を手動で作成することもできます。新しい NSX-T 環境に切り替える準備ができたら、レイヤー 2 ブリッジを使用して両方の環境間にネットワークを論理的に拡張し、ワークロードを NSX-T に移行できます。たとえば、一度に 1 つのネットワークをブリッジすることで、ワークロードを NSX-v から NSX-T に段階的に移行できます。すべてのワークロードが新しい NSX-T 環境に移行されたら、ブリッジを削除し、古いハードウェアを廃止できます。

部分的な移行を行うことで、NSX-T への移行を管理しやすい短いタイムフレームに分けて計画することができます。

例:部分移行

新たに展開された NSX-T Data Center で East-West トラフィックのフローを保護するため、 NSX-v 分散ファイアウォール構成のみを移行する場合について考えてみましょう。この目標を達成するには、次のような移行ワークフローを使用します。
  1. 新しい NSX-T Data Center 環境を別のハードウェアに展開します。

    NSX-v 環境と NSX-T Data Center 環境のコンピュート クラスタは、同じホスト上に共存できないため、別のものにする必要があります。管理クラスタと Edge クラスタは両方の環境で共有可能です。

  2. NSX-T ネットワーク トポロジーを作成し、必要なネットワーク サービスを構成します。
  3. NSX-v の論理スイッチを NSX-T のオーバーレイ セグメントに拡張するように NSX-T Edge ブリッジを構成します。
  4. Migration Coordinator を使用して、分散ファイアウォール構成を移行します。
  5. デフォルト ゲートウェイを NSX-T Data Center 環境に切り替えます。
  6. NSX-T Edge ブリッジと vSphere vMotion を使用して、ワークロード仮想マシンを NSX-T のオーバーレイ セグメントに移行します。
  7. NSX-T のワークロード仮想マシンにセキュリティ タグを移行します。
重要: DFW 構成を NSX-v から NSX-T に移行する際にリフトアンドシフトを使用する場合は、Migration Coordinator の「DFW のみ」移行モードを一度だけ実行する必要があります。DFW 構成を NSX-T に移行した後は、 NSX-v 環境の DFW 構成を更新し、「DFW のみ」移行モードを再度実行することはできません。「DFW のみ」移行モードを複数回実行することはおすすめしません。