移行の [構成の解決] 手順で、必要な NSX-T Data Center Edge にオプションのアップリンク インターフェイスを追加できます。

NSX-T 3.1 以前の場合は、各 NSX-T Edge ノードに必須アップリンクを 1 つだけ追加できます。NSX-T 3.1.1 以降では、各 NSX-T Edge ノードに最大で 15 個のアップリンクを追加できます。

つまり、トポロジ内の各 NSX-T Edge には最大で 16 個までのアップリンクを設定できます。
  • NSX-v Edge Services Gateway (ESG) の既存のアップリンクに対応する必須のアップリンクが 1 個。
  • 追加(オプション)のアップリンクが 15 個。

まず、各 NSX-v Edge Services Gateway の既存のアップリンクに対応する必須アップリンクを各 NSX-T Edge ノードに追加するときに表示されるフィードバック メッセージを解決するため、[構成の解決] ページで入力を送信する必要があります。各 NSX-T Edge で必須アップリンクのフィードバック メッセージが解決された後、この手順に従って、目的の NSX-T Edge にオプションのアップリンクを追加します(必要な場合)。

Migration Coordinator のデフォルトの推奨事項は、NSX-T Edge に追加のアップリンクを作成するフィードバック メッセージのスキップです。デフォルトの推奨を受け入れると、移行時に追加のアップリンクは作成されません。

NSX-v トポロジで、ECMP にアップリンクの先の ESG が 2 つ構成され、アップストリームの物理 ToR スイッチに接続しています。2 つの ESG の既存のアップリンク インターフェイスは次のように構成されています。
  • ESG-1:この ESG のアップリンクは、VLAN 13 を使用する Public-DVPG1 ポート グループに接続しています。アップリンクの IP は 40.40.40.2/24 です。
  • ESG-2:この ESG のアップリンクは、VLAN 16 を使用する Public-DVPG2 ポート グループに接続しています。アップリンクの IP は 20.20.20.2/24 です。

移行後の NSX-T トポロジには、アクティブ/アクティブ構成の 2 つの NSX-T Edge(Edge-1 と Edge-2)があります。今回の目的は、移行の [構成の解決] 手順で、Edge-1 と Edge-2 の両方に 1 つのアップリンクを追加することです。

このトピックの手順では、この例を使用して 2 つのアップリンクを追加するワークフローについて説明します。

注: 移行後の NSX-T トポロジに高可用性 (HA) 構成の NSX-T Edge が存在する場合、フィードバック メッセージが若干異なります。ただし、ワークフロー全体は同じです。フィードバック メッセージを解決するには、UI に表示されたメッセージに従って適切な入力を送信する必要があります。この手順では、トポロジに HA 構成の Edge が含まれている場合の機能に関する説明が必要な箇所に、追加の注意事項を示します。

前提条件

NSX-v ESG にアップリンクが存在する場合は、 NSX-T Edge で対応する必須アップリンクを追加する必要があります。
  • Edge-1 で、アップリンク IP 40.40.40.2/24 を追加します。これは VLAN 13 を使用します。
  • Edge-2 で、アップリンク IP 20.20.20.2/24 を追加します。これは VLAN 16 を使用します。

手順

  1. [構成の解決] で、次のフィードバック メッセージをクリックします。
    Enter the number of additional uplinks needed.
    注: NSX-T ネットワーク トポロジに HA 構成の Edge が含まれている場合は、Edge ノードに追加するアップリンクの数を入力します。Migration Coordinator が、HA ペアの他の冗長 Edge ノードにも同じ数のアップリンクを自動的に追加します。Edge ノードに追加できるアップリンクの数は 15 個までです。
    前に説明した例では、 NSX-T がアクティブ/アクティブ構成になっています。この場合、トポロジ内のすべてのアクティブ Edge に必要なアップリンクの総数を入力する必要があります。つまり、2 個のアップリンクを作成する場合は 2 と入力して、この入力を Migration Coordinator に送信します。

    このフィードバック メッセージをスキップすると、追加のアップリンクは作成されません。この手順の残りの部分はスキップされます。

  2. 次のフィードバック メッセージをクリックします。
    Select an Edge Transport Node for additional uplinks.See System > Fabric > Nodes > Edge Transport Nodes for available Edge Transport Nodes in NSX-T.
    注: このフィードバック メッセージは、 NSX-T トポロジにアクティブ/アクティブ構成の Edge が存在する場合にのみ表示されます。トポロジに HA 構成の Edge が存在すると、Migration Coordinator は、追加のアップリンクを作成するときにアクティブな NSX-T Edge ノードを自動的に選択します。この場合は手順 3 に進みます。

    前の手順で 2 を入力すると、Migration Coordinator に Additional Uplink-1Additional Uplink-2 という 2 つの追加アップリンク インスタンスが表示されます。追加のアップリンク インターフェイスごとに NSX-T Edge ノードを選択して、入力を Migration Coordinator に送信します。

    前に説明した例の場合は、追加の uplink-1 インスタンスに [Edge-1] を選択し、追加の uplink-2 インスタンスに [Edge-2] を選択します。
    追加のアップリンクに Edge トランスポート ノードを選択すると、Migration Coordinator にフィードバック メッセージが表示され、追加のアップリンクごとに IP アドレスと VLAN ID を入力するように指示されます。次の手順 3 と 4 は任意の順番で実行することができます。
  3. 次のフィードバック メッセージをクリックします。
    Enter the IP address for additional uplink.

    NSX-T Edge に追加するアップリンクの IP アドレスは、同じ NSX-T Edge ノード上の既存のアップリンク インターフェイスのサブネットに属している必要があります。

    注: トポロジに HA 構成の NSX-T Edge が含まれている場合、Migration Coordinator は、HA ペアの両方の Edge に追加するアップリンクについて、IP アドレスの追加を求める個別のフィードバック メッセージを表示します。HA ペアの両方の Edge にある追加のアップリンク インスタンスの IP アドレスは、同じサブネットに含まれますが、IP アドレスは別々にする必要があります。
    前述の例の場合:
    • Edge-1 に追加するアップリンクに 30.30.30.2/24 を入力します。
    • Edge-2 に追加するアップリンクに 10.10.10.2/24 を入力します。
    追加のアップリンク IP アドレスを指定したら、入力を Migration Coordinator に送信します。
  4. 次のフィードバック メッセージをクリックします。
    Enter VLAN ID for additional uplink.
    追加のアップリンクの VLAN ID は、次の条件を満たす必要があります。
    • Edge TEP に使用する VLAN とは別にする必要があります。
    • 同じ NSX-T Edge ノードにある既存のアップリンクの VLAN とも異なる必要があります。
    注: トポロジ内に HA 構成の NSX-T Edge が存在する場合は、1 つの Edge ノードにのみ、追加するアップリンクに VLAN ID を追加する必要があります。Migration Coordinator が、HA ペアの他の冗長 Edge ノードにも同じ VLAN ID を追加のアップリンクに自動的に追加します。
    前の例では、Edge-1 の 30.30.30.2/24 アップリンクに VLAN ID 18 を入力し、Edge-2 の 10.10.10.2/24 アップリンクには 20 を入力します。
    追加のアップリンクに VLAN ID を指定したら、入力を Migration Coordinator に送信します。
  5. (オプション) 追加のアップリンクのすべてのフィードバック メッセージを解決し、緑色で表示されたら、追加のアップリンクの合計数を編集して 3 に変更します。

    手順 1 で説明したフィードバック メッセージをクリックして、アップリンクの総数を 3 に変更します。

    変更した入力を Migration Coordinator に送信すると、追加のフィードバック メッセージが表示され、追加する uplink-3 インスタンスに Edge トランスポート ノード、アップリンクの IP、VLAN ID を選択するように指示されます。前の手順 2、3、4 で説明した同じプロセスを繰り返し、他のフィードバック メッセージを解決します。

    アップリンクの総数を元の 2 に戻して、変更後の入力を送信すると、追加の uplink-3 インスタンスに関する警告メッセージが Migration Coordinator に表示されます。警告を解決するには、デフォルトの推奨事項に従い、追加の uplink-3 インスタンス、アップリンクの IP、このインスタンスの VLAN ID をスキップします。

次のタスク

[構成の移行] の手順が完了したら、必要なアップリンクと追加のアップリンクが Tier-0 ゲートウェイに作成されます。

この例では、 NSX-T NSX Manager UI で Tier-0 ゲートウェイに移動し、Tier-0 ゲートウェイの状態が Success の次のアップリンクを確認します。
  • uplink1: 40.40.40.2/24
  • uplink2: 20.20.20.2/24
  • uplink3: 30.30.30.2/24
  • uplink4: 10.10.10.2/24