NSX Data Center for vSphere のネットワーク オペレーションを数日間行い、vRealize Automation で事前に定義されたオンデマンド リソースの構成を更新できます。

事前定義の vRealize Automation リソース構成は、NSX-v UI または API から直接更新することができます。Migration Coordinator は、更新された更新を NSX-v から取得し、NSX-T Data Center に移行します。

移行のコンテキストでは、vRealize Automation で作成されたリソースに対して NSX-v で以下のネットワーク オペレーションを実行できます。

表 1. vRealize Automation リソースに対して NSX-v で実行可能なオペレーション
vRealize Automation で作成されたリソース NSX-v でサポートされているネットワーク オペレーション

オンデマンド ネットワーク

  • vRealize Automation を使用して作成された既存のオンデマンド ネットワークに対して仮想マシンの追加または削除を行います。
  • vRealize Automation を使用して作成されたワークロード仮想マシンを削除または移動した後に、既存のオンデマンド ネットワークを削除します。

オンデマンド セキュリティ グループ

  • vRealize Automation を使用して作成されたセキュリティ グループを削除します。
  • 既存のセキュリティ グループに vRealize Automation で作成されたセキュリティ グループを追加します(アウトオブバンド構成)。
  • vRealize Automation で作成されたセキュリティ ポリシーのセキュリティ グループを追加または変更します。
  • vRealize Automation で作成されたセキュリティ ポリシーに新しいファイアウォール ルールを追加します。

DHCP サーバの設定

  • vRealize Automation で作成された DHCP サーバ構成を削除または無効にします。

ワークロード仮想マシン

  • vRealize Automation で作成された仮想マシンのネットワーク インターフェイス (vNIC) の割り当てを動的から静的、静的から動的、または静的 IP1 から静的 IP2 に変更します。
  • vRealize Automation で作成された仮想マシン上の 1 つの vNIC から複数の vNIC に変更します。または、その逆の変更を行います。

ロード バランサの構成

  • ロード バランサでの健全性チェック関連のパラメータの編集
  • プール メンバーの追加または削除
  • ESG でのロード バランサ サービスの無効化
NAT 構成
  • 既存のルールの変更
  • 既存のルールの削除
  • ルールの並べ替え
  • ポート転送ルールの追加