現在、ブリッジされた NSX-v 論理スイッチ上のワークロード仮想マシンは、すべての North-South トラフィックのデフォルト ゲートウェイとして分散論理ルーター (DLR) を使用しています。

ブリッジされたオーバーレイ セグメントにワークロード仮想マシンを移行する準備ができたら、次のように構成を変更する必要があります。
  • デフォルト ゲートウェイを NSX-T Data Center に切り替えます。つまり、移行された仮想マシンは、すべての North-South トラフィックのデフォルト ゲートウェイとして Tier-1 ゲートウェイに接続する必要があります。NSX-T 環境で単一層のルーティング トポロジを使用している場合は、Tier-0 ゲートウェイに切り替えることができます。
  • Tier-1 または Tier-0 ゲートウェイにレイヤー 3 ネットワーク サービスが事前に構成され、Tier-0 ゲートウェイとアップリンクの先の物理ルーターの間で動的ルート ピアリングを行っている場合は、次のように構成します。
    • Tier-1 ゲートウェイで、[ルート アドバタイズ] と レイヤー 3 サービスをオンにします。
    • Tier-0 ゲートウェイで [ルート再配分の状態] をオンにします。

構成の変更は手動で行うことも、スクリプト ファイル内で API を使用して自動的に行うこともできます。自動化を行うことで、データト ラフィックの停止を最小限に抑えることができます。

次の手順では、レイヤー 3 サービスが構成されていない場合に、UI を使用してデフォルト ゲートウェイを NSX-T の Tier-1 または Tier-0 ゲートウェイに手動で切り替える方法について説明します。データ トラフィックの停止を最小限にするため、API を使用して切り替えプロセスを自動化できます。

手順

  1. NSX-v 環境で、ブリッジされた論理スイッチを DLR から切断します。
    1. vSphere Client で、NSX Edge (DLR) に移動します。
    2. [構成] > [インターフェイス] の順にクリックします。
    3. ブリッジされた論理スイッチに接続されている DLR の内部インターフェイスを選択し、[切断] をクリックします。
  2. NSX-T 環境で、ブリッジされたオーバーレイ セグメントを Tier-1 ゲートウェイに接続します。
    1. NSX Manager で、[ネットワーク] > [セグメント] の順に移動します。
    2. ブリッジされたオーバーレイ セグメントの名前の横にある縦方向の省略記号をクリックして、[編集] をクリックします。
    3. オーバーレイ セグメントの [接続] をオンにして、[保存] をクリックします。