[認識の確認] 手順は、Migration Coordinator が NSX-T Data Center の未認識の構成を確認する予防的な手順または安全対策です。この手順では、Edge の移行に進む前に Migration Coordinator がすべての未認識のエラーが解決済みかどうかを確認するため、時間がかかる場合があります。

前提条件

[構成の移行] 手順が完了していることを確認します。

手順

  1. [認識の確認] 画面で、[開始] をクリックします。
  2. 認識エラーがある場合は内容を確認し、解決します。
    一部の NSX-T オブジェクトの構成が有効になるまでに時間がかかることがあります。数秒間待ってから、 [開始] を再度クリックします。

結果

  • NSX-T の未認識の構成が原因でチェックに失敗すると、Migration Coordinator の UI にエラーのリストが表示されます。NSX-T ポリシー オブジェクトによって認識されない構成エラーが発生した場合は、NSX Manager インターフェイスの [アラーム] 画面にアラームが表示されます。アラームに表示されているメッセージを確認し、解決します。アラームが解決されたら、[認識の確認] の手順を再度実行します。
  • [認識の確認] の手順が正常に完了すると、Migration Coordinator は中間出力のマッピング ファイルを作成します。