移行の完了後、追加のアクションが必要になります。

  • NSX Data Center for vSphere 6.4.4 から移行した場合は、NSX-T Data Center に移行されたすべてのホストを再起動します。新しいバージョンの NSX-T にアップグレードする前に再起動が必要です。

  • 移行中に、すべてのトランスポート ノードが NSGroup with TransportNode for CPU Mem Threshold というグループに追加されます。このグループにより、NSX-T でトランスポート ノードの CPU とメモリの使用量に正しいしきい値が設定されます。このグループは、移行の完了後に必要になります。移行後に NSX-T からトランスポート ノードを削除する必要がある場合は、最初に、このグループからトランスポート ノードを削除する必要があります。

    [マネージャ] モードになっていることを確認してから、[インベントリ] > [グループ] の順に選択して、NSGroup with TransportNode for CPU Mem Threshold グループからトランスポート ノードを削除します。マネージャ モードの詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「NSX Manager の概要」を参照してください。

  • バックアップとリストアの構成が有効であることを確認します。『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「NSX Manager のバックアップとリストア」を参照してください。

vRealize Automation への最終出力マッピング ファイルのインポート

最終出力のマッピング ファイルを vRealize Automation 管理者と共有します。vRealize Automation 管理者は、vRealize Automation NSX-V から NSX-T への移行プランの手順 4 でこの出力マッピング ファイルをインポートする必要があります。

vRealize Automation 管理者は、移行プランで以下のステップを完了する必要があります。
  • ステップ 5:NSX-v クラウド アカウントとその関連オブジェクトを NSX-T に移行します。
  • ステップ 6:移行結果をテストします。
  • ステップ 7:クラウド アカウントをメンテナンス モードから削除し、移行プランを終了します。

これらのステップの詳細については、『vRealize Automation 8 NSX-V to NSX-T Migration Guide』のCreating and Running the vRealize Automation NSX-V to NSX-T Migration Planを参照してください。

移行後の NSX-v のアンインストール

移行の成功が確認されたら、NSX-v 環境をアンインストールします。NSX-T への移行後に NSX-v をアンインストールするプロセスは、NSX-v の標準的なアンインストールとは異なります。

詳細については、移行後の NSX-v のアンインストールを参照してください。

NSX Manager クラスタの展開の終了

Migration Coordinator ツールは、展開された 1 台の NSX Manager アプライアンスのみと実行できます。NSX-T Data Center 環境を本番環境で使用する前に、2 台の NSX Manager アプライアンスを追加で展開してください。

次の情報については、「 NSX-T Data Center インストール ガイド」を参照してください。
  • NSX Manager クラスタの要件
  • クラスタを構成する NSX Manager ノードをユーザー インターフェイスから展開
  • クラスタの仮想 IP (VIP) アドレスの設定