Migration Coordinator では NSX Data Center for vSphere 機能のサブセットがサポートされています。

ほとんどの機能には、一定の制限があります。NSX Data Center for vSphere の構成を Migration Coordinator にインポートすると、環境内での機能と構成のサポート状況について詳細なフィードバックが提供されます。

Migration Coordinator でサポートされる内容の詳細については、Migration Coordinator の機能サポートの詳細を参照してください。

表 1. Migration Coordinator のサポート マトリックス
NSX Data Center for vSphere の機能 移行のサポート 詳細および制限事項
VLAN でバッキングされた論理スイッチ
オーバーレイでバッキングされた論理スイッチ
L2 ブリッジ ×
トランスポート ゾーン
ルーティング 詳細については、Migration Coordinator でサポートされるトポロジを参照してください。
East-West マイクロセグメンテーション
Edge ファイアウォール
NAT
L2 VPN
L3 VPN
ロード バランサ
DHCP および DNS
分散ファイアウォール
Service Composer
グループ オブジェクト 制限には、アイテム数や、セキュリティ グループを構成する動的な式などが含まれます。
ゲスト イントロスペクション

ゲスト イントロスペクション サービスの構成のみが移行されます。

パートナー サービスの登録、パートナー サービスの仮想マシン、ベンダー テンプレートは移行されません。移行前に、パートナー サービスを NSX-T Data Center に登録し、それぞれのサービスとベンダー テンプレートを NSX-T で作成する必要があります。

移行を続行する前に、VMware のパートナーに相談してください。

ネットワーク イントロスペクション

ネットワーク イントロスペクション サービスの構成のみが移行されます。

パートナー サービスの登録、パートナー サービスの仮想マシン、ベンダー テンプレートは移行されません。移行前に、パートナー サービス、ベンダー テンプレート、パートナー管理コンソール/パートナー Service Manager が NSX-T Data Center に登録されている必要があります。

移行を続行する前に、VMware のパートナーに相談してください。

Cross-vCenter NSX

はい(NSX-T 3.1.1 以降で開始しますが、セカンダリ NSX Manager はありません)

いいえ(NSX-T 3.1 以前)

NSX-T 3.1.1 以降では、プライマリ モードの NSX Manager を含む単一サイトの NSX for vSphere 展開の移行、セカンダリ NSX Manager、およびプライマリ サイト上のユニバーサル オブジェクトがサポートされています。このような単一サイトの NSX for vSphere の展開は、ローカル オブジェクトを使用する単一サイトの NSX-T 環境(非統合)に移行されます。

Cloud Management Platform、Integrated Stack Solution、または PaaS Solution を使用する NSX Data Center for vSphere

サポートされているトポロジで統合環境が構成されている場合、vRealize AutomationNSX for vSphere の移行を行うことができます。

詳細については、vRealize Automation との統合がサポートされているトポロジを参照してください。

移行を続行する前に、VMware の担当者にお問い合わせください。統合環境を移行する場合、スクリプトおよび統合が中断することがあります。

次はその例です。
  • NSX for vSphere と VMware Integrated Openstack

  • NSX for vSphere と vCloud Director

  • 統合スタック ソリューションを使用した NSX for vSphere

  • NSX for vSphere と、Pivotal Cloud Foundry、RedHat OpenShift などの PaaS ソリューション

  • vRealize Operations ワークフローを使用した NSX for vSphere