NSX Data Center for vSphere から NSX-T Data Center にレイヤー 2 ネットワークを拡張するには、ブリッジ用の Edge クラスタを作成します。Edge HA が不要な場合は、この Edge クラスタに Edge ノードを 1 つ追加します。Edge HA が必要な場合は 2 つの Edge ノードを追加します。

NSX-v 用に準備されたホストに NSX-T Edge 仮想マシンを展開する必要があります。

Edge ブリッジ クラスタは、ルーティングに使用する Edge クラスタや、物理ルーターとの North-South 接続とは独立しています。1 つの L2 ネットワークをブリッジするために 1 つの NSX Edge ノードを展開することをおすすめします。Edge ブリッジ クラスタで必要な Edge ノードの数は、NSX-v から NSX-T に拡張する L2 ネットワークの数と、Edge ブリッジ ノードに HA が構成されているかどうかによって異なります。

注意: ブリッジとして使用される NSX-T Edge 仮想マシンは、 NSX-v の準備済みホストに展開されます。この Edge 仮想マシンが NSX-v の分散ファイアウォールの拒否ルールに一致する可能性があります。この問題を回避するには、 NSX-v 分散ファイアウォールの除外リストに NSX-T Edge 仮想マシンを追加するか、 NSX-v 分散ファイアウォール ルールで NSX-T Edge 仮想マシンとの通信を許可します。
ブリッジに必要なインフラストラクチャを決定するための計画を準備します。次はその例です。
  • ブリッジする L2 ネットワークの数はいくつか。
  • 1 つのバッチまたは 1 つのネットワーク内のすべてのネットワークを同時に拡張するか。
  • ブリッジ用の Edge ノードに高可用性を構成するか。
  • NSX-v の準備済みホストに十分な容量があり、ブリッジに必要な数の Edge ノードをデプロイしているか。

OVA ファイルを使用して NSX-T Data CenterNSX Edge ノードを展開する方法については、NSX Edge ノードの展開を参照してください。

このハイパーリンク付きのトピックの手順 10 で、次の例のように、Edge インターフェイスのネットワークを選択します。

NSX-T Data CenterSegment-1 というオーバーレイ セグメントを使用して、NSX Data Center for vSphereVwire-1 という論理スイッチを拡張する場合について考えてみましょう。

このブリッジを行うには、OVA ファイルを使用して単一の NSX Edge ノードを展開し、このノードに EN1 という名前を付けます。

NSX-v の構成は次のとおりです。
  • Vwire-1 は vSphere Distributed Switch VDS-1 に接続しています。
  • Vwire-1 の VDS-1 上の仮想ワイヤー ポート グループは vxw-dvs-36-virtualwire-1-sid-10600-Vwire-1 です。

Edge ノード (EN1) の展開時に、次のように Edge インターフェイスの VDS ポート グループ(ネットワーク)を選択します。

Edge インターフェイス 送信元ネットワーク 宛先ネットワーク
vNIC1 Network 0

dvPG-Management

vNIC2 Network 1

dvPG-Trunk

vNIC3 Network 2

vxw-dvs-36-virtualwire-1-sid-10600-Vwire-1

vNIC4 Network 3 このブリッジの例では使用しません

次の図は、NSX-T Edge 仮想マシンの vNIC 構成の論理ビューを示しています。

図 1. NSX-T Edge 仮想マシンの vNIC 構成の論理ビュー

この図は、NSX-T Edge 仮想マシンの vNIC に接続しているネットワークの論理ビューを示しています。