移行プロセスを開始した後に移行をロールバックして、進行している作業の一部またはすべてを取り消すことができます。すべての移行をキャンセルして、すべての移行状態を削除することもできます。

一部の移行手順からは、移行をロールバックまたは取り消すことができます。移行が開始した後、完了した一番最後の手順の [ロールバック] をクリックできます。他のすべての画面で、このボタンは無効になります。

表 1. NSX Data Center for vSphere の移行のロールバック
移行手順 ロールバックの詳細
[構成のインポート] この画面の [ロールバック] をクリックすると、[構成のインポート手順] がロールバックされます。
[構成の解決] この手順ではロールバックを使用できません。[構成のインポート] 画面から [ ロールバック] をクリックします。
[構成の移行] この画面の [ロールバック] をクリックすると、NSX-T に対する構成の移行と、[構成の解決] 画面で行われた入力がロールバックされます。

[構成の移行] 画面から移行をロールバックする前に、サポート バンドルを収集することをおすすめします。詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「 のサポート バンドルの収集」を参照してください。

新しい移行を開始する前に、ロールバックが正常に完了したことを確認します。NSX Manager Web インターフェイスにログインし、[マネージャ] モードに切り替えます。すべての構成が削除されていることを確認します。マネージャ モードの詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「NSX Manager の概要」を参照してください。

注:
[構成の移行] 手順のロールバックで問題が発生した場合は、代わりに新しい移行を開始できます。
  1. 現在の移行をキャンセルします。
  2. 現在の NSX Manager アプライアンスを削除します。
  3. NSX ManagerNSX Edge アプライアンスを使用して、新しい NSX-T 環境を展開します。
  4. 新しい移行を開始します。
Edge またはホストの移行が開始した後は、移行をキャンセルしないでください。
[Edge の移行] この画面の [ロールバック] をクリックすると、Edge のルーティングおよびサービスの移行が NSX-T にロールバックされます。
注意: [Edge の移行] 手順をロールバックする場合は、 NSX-v Edge Services Gateway を経由してトラフィックが戻っていることを確認します。場合によっては、ロールバックを支援する手動アクションを実行する必要があります。
[ホストの移行]

Migration Coordinator は、この手順でロールバックを提供しません。ただし、手動ロールバックを実行して、移行されたホストから NSX-T を削除し、ホストに NSX-v を再インストールすることもできます。

NSX-v 6.4.8 以降から移行する場合は、手動ロールバックを実行する前に、NSX-v NSX Manager で次の REST API を実行してから、ホストに NSX-v を再インストールします。

POST api/2.0/nwfabric/blockEamEvents?action=unblock

この API は、NSX-v VIB が正しくインストールされるように、ホストで vSphere ESX Agent Manager (EAM) を有効にします。

NSX-v 6.4.4、6.4.5、または 6.4.6 から移行する場合は、この API を使用する必要はありません。

注: 障害が発生したホストを含むクラスタが停止した後に、障害が発生したホストを手動でロールバックすることをお勧めします。インプレース ホスト移行を実行し、クラスタ内で移行順序に並行を選択している場合、移行の失敗/成功にかかわらず、クラスタ内のすべてのホストの移行が停止するまで待機します。クラスタ内のホストの移行順序に連続を選択した場合、ホストの移行に失敗すると移行は停止します。

移行後にネットワーク イントロスペクション リダイレクト ルールを含む構成をロールバックすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

サービス挿入が 400 で失敗しました。パス: [/infra/segments/service-segments/vdnscope-1] のオブジェクトは、子オブジェクトを持っているかパス: [/infra/service-chains/Service-Chain-serviceprofile-1] の他のオブジェクトによって参照されているため、削除できません。

このエラーは、NSX-T のサービス セグメントがサービス チェーンに依存しているために発生します。参照先のすべてのリダイレクト ルールが削除されるまでサービス チェーンは削除されません。5 分ほど待ってから、移行済みの構成のロールバックをやり直してください。

移行のすべての画面に [キャンセル] ボタンが配置されています。移行をキャンセルすると、システムからすべての移行状態が削除されます。移行をキャンセルすると、Migration Coordinator に次のような警告メッセージが表示されます。

移行をキャンセルすると、Migration Coordinator がリセットされます。他の操作を行う前に、このステップをロールバックすることをお勧めします。ロールバックを行わないと、システムが部分的に移行された状態になる可能性があります。続行しますか?
注意: Edge またはホストの移行が開始した後は、移行をキャンセルしないでください。移行をキャンセルすると移行状態がすべて削除されるため、移行のロールバックや、過去の進行状況の表示ができなくなります。必要に応じて、Edge の移行が発生する前の時点にまずロールバックしてから、キャンセルしてください。