選択したトポロジを使用して、別のハードウェアに新しい NSX-T 環境を作成します。既存の NSX Data Center for vSphere 環境を使用している場合でも、この新しい NSX-T 環境は共存できます。

NSX-T 環境では、専用のコンピュート クラスタを使用する必要があります。Edge クラスタと管理クラスタは別個に使用することも、既存の NSX-v 環境と共有することもできます。

以下の手順では、新しい NSX-T 環境を準備するワークフローの概要について説明します。NSX-T インフラストラクチャの展開の詳細については、『NSX-T Data Center インストール ガイド』を参照してください。

手順

  1. NSX Manager アプライアンスを展開します。

    本番環境では、3 台のアプライアンスを含む NSX Manager クラスタを追加します。ただし、ブリッジと vSphere vMotion を使用してワークロードを移行する場合は、1 台の NSX Manager アプライアンスで十分です。

  2. vCenter Server アプライアンスを展開します。

    vCenter Server は、NSX-T でコンピュート マネージャとして追加する必要があります。NSX-v で使用されている vCenter Server を共有することも、NSX-T で別のものを展開することもできます。

  3. トポロジの要件に基づいて、適切な数とサイズの North-South ルーティング用の NSX Edge ノードを展開します。
  4. NSX Edge ノードを管理ネットワークに参加させます。
  5. NSX Edge ノードに NSX-T を構成します。
  6. 要件に基づいて 1 つ以上のコンピュート クラスタを設定します。
  7. コンピュート クラスタに NSX-T をインストールします。これで、クラスタ内のホストがホスト トランスポート ノードになります。