NSX-v Edge Services Gateway を NSX-T に移行すると、インターフェイスの MTU 設定にデフォルトの設定が使用されます。このデフォルトを変更する場合は、[Edge の移行] 手順を開始する前にこの手順を実行します。

Edge Services Gateway ルーティング インターフェイスのカスタマイズされた MTU 設定は NSX-T に移行されません。NSX-T で作成されたすべての論理ルーター インターフェイスでは、デフォルトのグローバル MTU 設定 (1,500) が使用されます。すべての論理ルーター インターフェイスにこれよりも大きい MTU が設定されているか確認する場合は、デフォルトのグローバル MTU 設定を変更します。また、状況に応じてインターフェイスの MTU を変更することもできます。

手順

  1. GET /api/v1/global-configs/RoutingGlobalConfig を使用して、現在の設定を取得する。
  2. デフォルトのグローバル MTU (logical_uplink_mtu) の値を変更する。
  3. PUT /api/v1/global-configs/RoutingGlobalConfig を使用して、設定を変更する。