NSX Manager は、NSX-T 環境の管理に使用するアプリケーションです。本番環境でフォルト トレランスを実現するには、3 つの NSX Manager ノードから構成されるクラスタを展開し、各ノードをそれぞれ別の ESXi ホストで実行する必要があります。

最初の NSX Manager の展開

最初のマネージャ ノードは、vCenter Server の [OVF テンプレートのデプロイ] ウィザードで展開します。

  1. vCenter Server で NSX-cluster を右クリックして、[OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
  2. プロンプトに従って、次の情報を入力します。
    ova ファイルの場所 ova ファイルをダウンロードした場所
    仮想マシン名 NSX-mgr-1
    仮想マシンの場所 NSX-cluster
    コンピューティング リソース 192.168.10.11(ESXi-1 の IP アドレス)
    展開構成 準備手順で決めたサイズを選択します。
    ストレージ Storage-1
    仮想ディスクのフォーマット シン プロビジョニング
    Network 1 PG-mgmt(vCenter Server で使用される管理ポート グループ)
    IP アドレスの割り当て 静的、手動
    IP プロトコル IPv4
    ホスト名 nsx-mgr-1
    ロール名 NSX Manager
    NSX サイト名 Site-1
    デフォルト IPv4 ゲートウェイ 192.168.10.1
    管理ネットワーク IPv4 アドレス 192.168.10.14
    管理ネットワークのネットマスク 255.255.255.0
    DNS サーバ リスト 192.168.38.1
    NTP サーバ リスト 192.168.38.2
  3. 展開が完了するのを待ちます。vSphere Client ウィンドウの下部にある [最近のタスク] パネルに、タスクの完了時間が表示されます。
  4. NSX Manager 仮想マシンをパワーオンします。
  5. https://192.168.10.14 で NSX-mgr-1 にログインします。
  6. [システム] > [ライセンス] の順に移動し、[追加] をクリックして NSX-T ライセンスを追加します。
  7. [システム] > [ファブリック] > [コンピュート マネージャ] の順に移動し、[追加] をクリックして vCenter Server をコンピュート マネージャとして追加します。
    プロンプトに従って、次の情報を入力します。
    名前 VC-1
    FQDN または IP アドレス 192.168.10.10
    ユーザー名 vCenter Server への管理者のログイン名。
    パスワード 管理者のパスワード
  8. サムプリントが見つかりません」という警告が表示されたら、[追加] をクリックします。
  9. [登録状態][登録済み] になるまで待ちます。[更新] をクリックすると、状態が更新されます。

2 番目と 3 番目の NSX Manager の展開

  1. [システム] > [アプライアンス] の順に移動します。
  2. [NSX アプライアンスの追加] をクリックします。
  3. プロンプトに従って、次の情報を入力します。
    ホスト名 nsx-mgr-2
    管理 IP アドレス/ネットマスク 192.168.10.15/24
    管理ゲートウェイ 192.168.10.1
    DNS サーバ 192.168.38.1
    NTP サーバ 192.168.38.2
    ノード サイズ 準備手順で決めたサイズを選択します。
    コンピュート マネージャ VC-1
    コンピュート クラスタ NSX-cluster
    ホスト 192.168.10.12
    データストア Storage-1
    仮想ディスクのフォーマット シン プロビジョニング
    ネットワーク PG-mgmt
    SSH の有効化 データセンターのポリシーに基づいて選択します。
    root アクセスの有効化 データセンターのポリシーに基づいて選択します。
    システム ユーザー名 root
    root パスワード
    CLI ユーザー名 admin
    CLI パスワード
    監査 CLI ユーザー名 監査
    監査 CLI パスワード
  4. [アプライアンスのインストール] をクリックします。
  5. NSX Manager ノードがインストールされ、使用可能になるまで待ちます。
  6. 手順 2 ~ 5 を繰り返して、ESXi ホスト 192.168.10.13 の 管理 IP アドレス 192.168.10.16 に 3 番目の NSX Manager を展開します。