このガイドでは、vSphere 環境に NSX-T Data Center (NSX-T) の基本機能をインストールして検証する手順についてします。NSX-T のインストールでは vSphere VDS (vSphere Distributed Switch) が使用されます。

このガイドでは、基本的な展開について説明します。これは、他の機能を追加する場合に変更または拡張する基盤となります。

すべての NSX-T 機能の詳細については、NSX-T Data Center ドキュメント セット (https://docs.vmware.com/jp/VMware-NSX-T-Data-Center) を参照してください。

NSX-T は、Software-Defined ネットワークの実装です。スイッチ、ルーティング、ロード バランシング、ファイアウォール、VPN などのネットワーク サービスを提供します。vSphere 環境で、 NSX-T の展開は次のコンポーネントから構成されます。
  • vCenter Server (VC):仮想分散スイッチと仮想マシンなど、NSX-T の環境と管理対象のオブジェクトにアクセスできます。NSX-T では、vCenter Server はコンピュート マネージャと呼ばれます。NSX-T は、複数のコンピュート マネージャをサポートします。
  • ESXi ホスト:ESXi ホストにインストールされた NSX-T モジュールはホスト トランスポート ノードと呼ばれます。ホストで実行されている仮想マシンのネットワーク サービスは、NSX-T によって提供されます。
  • NSX Edge ノード:すべての NSX-T コンポーネントにネットワーク サービスを提供する仮想マシン。Edge トランスポート ノードとも呼ばれます。
  • NSX ManagerNSX-T 環境を管理するブラウザベースの GUI を提供する 仮想マシン。
NSX-T には、次の論理ネットワーク コンポーネントがあります。
  • セグメント:仮想マシンをゲートウェイに接続し、Tier-0 ゲートウェイを物理ルーターに接続する論理スイッチ。
  • Tier-1 ゲートウェイ:セグメント間のトラフィックをルーティングする論理ルーター。
  • Tier-0 ゲートウェイ:Tier-1 ゲートウェイを物理ルーターに接続する論理ルーター。これにより、セグメントが外部接続を確立します。

このガイドの手順では、次の NSX-T 環境を構築します。これは、データセンター内に物理ルーターが存在していることを前提としています。

このガイドで説明する手順は次のとおりです。
  1. 3 台の NSX Manager 仮想マシンを展開して、マネージャ クラスタを形成します。
  2. vSphere Distributed Switch (VDS) を構成します。
  3. アップリンク プロファイルを作成し、ホスト トランスポート ノードを構成します。
  4. 2 台の NSX Edge 仮想マシンを展開して、Edge クラスタを形成します。
  5. North-South トラフィック用に 1 つの Tier-0 ゲートウェイを作成して構成します。
  6. テナント仮想マシンからのトラフィックをルーティングする 2 つの Tier-1 ゲートウェイを作成して構成します。
  7. テナント仮想マシン用に 3 つのセグメント(論理スイッチ)を作成して構成します。
  8. 3 台のテスト仮想マシンを展開して、North-South と East-West の接続をテストします。