VMware NSX-T Data Center 3.1.3.6 | 2022 年 2 月 3 日 | ビルド 19278618

各リリース ノートへの追加および更新を定期的にご確認ください。

リリース ノートの概要

NSX-T Data Center 3.1.3.6 は、バグ修正を含むエクスプレス パッチ リリースです。このリリースで解決された問題については、以下の「解決した問題」を参照してください。現在の既知の問題については、『VMware NSX-T Data Center 3.1.3 リリース ノート』を参照してください。

NSX-T Data Center 3.1.3.6 に関する重要な情報

VMware NSX チームでは、NSX-T Data Center 3.1.3.6 の NSX-T Edge で問題が見つかったため、このリリースをダウンロード ページから削除し、NSX-T Data Center 3.1.3.7 に切り替えることにしました。

NSX-T Data Center 3.1.3.6 をダウンロードして展開したユーザーは引き続きサポートされますが、NSX-T Data Center 3.1.3.7 にアップグレードすることをお勧めします。詳細については、ナレッジベースの記事 KB87627 を参照してください。 

ドキュメントの改訂履歴

2022 年 2 月 3 日。初版。
2022 年 2 月 14 日。第 2 版。既知の問題 2909448 と 2914711 を追加しました。問題 2893739 を削除しました。
2022 年 2 月 28 日。第 3 版。NSX-T Data Center 3.1.3.6 に関する重要な情報を追加しました。問題 2882297 を削除しました。問題 2891203 を追加記載しました。問題 2880558、2882286、2892565、2894641 を更新しました。

解決した問題

  • 解決した問題 2868827:複数のホスト スイッチで同じ VLAN トランスポート ゾーン ID が使用されているため、高度な V2T 移行モードの DFW-Host-Workload 移行で NSX for vSphere から NSX-T へのホストの移行が失敗する

    ホストの移行に失敗します。

  • 解決した問題 2880558:ポリシー API が、IPv4 でマッピングされた IPv6 アドレスのインベントリ、ネットワーク、またはセキュリティの詳細を取得できず、「インデックスが同期していません。start search resync policy で再同期してください。」というエラーが表示される

    Elastic Search では、IPv4 でマッピングされた IPv6 アドレスに CIDR 表記を使用できないため、例外がスローされます。ユーザー インターフェイスに「インデックスが同期していません」というエラーが表示され、データのロードに失敗します。

  • 解決した問題 2882281:vMotion のインポートで破損が発生した結果、NSX-T 3.1.3 ~ 3.1.3.5 の ESXi ホストで PSOD が発生する

    ホストの再起動が必要です。ホストがオンラインに戻るまで、データ パスが停止します。

  • 解決した問題 2882285:ベアメタル Edge のデータパス パフォーマンスが予想よりも低くなる

    一部のフローの Edge データパス転送パフォーマンスが大幅に低下します。

  • 解決した問題 2882286:vxlan/geneve で esp がカプセル化されている場合、内部 ip/esp ヘッダーの IP チェックサム エラーが発生する

    Geneve/VXLAN カプセル化を行う接続でパケット ロスが発生します。

  • 解決した問題 2882288:すべての LCore に高優先度が指定されている NUMA ノードで通常遅延の仮想マシンが起動されると、システムで PSOD が発生する

    システムで PSOD が発生します。

  • 解決した問題 2882289:ネイバー解決が 1,000 に達した後のネイバー解決で、ネイバー エントリとパケット ドロップがタイムアウトする

    新しい TCP 接続の確立で遅延が発生します。既存のフローの DR によって TCP セグメントがドロップされます。

  • 解決した問題 2882290:複数の VTEP 構成では、Edge はローカル VTEP 2 に対するローカル VTEP 1 の MAC を ICMP 応答の送信元 IP として使用する場合がある

    このパケットが原因で ACI がパケットをドロップする場合があります。

  • 解決した問題 2882295:Edge の再起動時にインバンド インターフェイスで管理 IP が失われる

    管理インターフェイスで Edge との通信が失われます。Edge に SSH 接続できません。Edge とマネージャ/コントローラ間が接続されていません。

  • 解決した問題 2882636:複数のポートが同じ VLAN または VNI 上で同じ MAC アドレスを共有し、Edge 仮想マシンが NSX 論理スイッチ上の同じ ESX ホストに接続されている場合、PSOD が発生する

    ESX サーバで PSOD が発生します。

  • 解決した問題 2883804:NSX-T 3.0.3 から 3.1.3 への NSX-T Manager のアップグレードが失敗するLPAttachers テーブルで LogicalPort に null エントリがあると、アップグレード時に LogicalPortAttachersMigrationTask が失敗する

    null エントリが原因で LogicalPortAttachersMigrationTask が常に失敗するため、アップグレードできません。この問題は、LogicalPort のアタッチャーが削除され、LogicalPort 自体の復元が必要になる場合に発生することがあります(削除の遅延ケース)。

  • 解決した問題 2883811:LB プールに 1 台のモニターが構成されていて、プール メンバーの状態が「停止」の場合、プール メンバーの状態に障害の理由が表示されない

    LB プールに 1 台のモニターが構成されている場合、API を使用してプール メンバーの障害理由を確認することができません。

  • 解決した問題 2885688:  NestDB がビジー状態で、状態チェックの呼び出しに応答できないため、エージェントの NestDB の状態が「停止」と表示される

    ユーザー インターフェイスで、NestDB の状態が「停止」と表示されます。

  • 解決した問題 2886882:ESX ホスト メモリの合計が正しく計算されないため、起動時に NestDB プロセスのメモリが不足する

    メモリの量が少なすぎると、NestDB プロセスが停止し、BFD トラフィックが影響を受ける可能性があります。また、ホストでの構成の具現化に遅延が発生する場合もあります。CCP が、ホストで実行されている他の LCP デーモンに構成をプッシュできなくなるため、この問題が発生します。

  • 解決した問題 2892565:フロー キャッシュ エントリが正しくないため、一部の仮想マシンで North-South マルチキャスト ルーティング トラフィックが停止する

    マルチキャスト ルーティングが有効な論理ルーターで、フロー キャッシュ エントリのアクションが正しくないため、分散ルーターが一部のレシーバ仮想マシンにマルチキャスト トラフィックをルーティングできません。これは、Edge オフロードされた ESX トランスポート ノードで実行されているレシーバ仮想マシンにのみ影響します。フロー キャッシュ エントリのアクションが正しくないため、一部の仮想マシンで North-South マルチキャスト ルーティング トラフィックが停止します。

  • 解決した問題 2894640:NSX-T のアップグレード中に、コンテナをホストしている仮想マシンを古いバージョンの TN から新しいバージョンの TN に vMotion すると、HyperBus との接続が失われる場合がある

    仮想マシンをホストするコンテナの HyperBus 接続の状態が「良好」になりません。

  • 解決した問題 2894641:rebootless_upgrade=false でアップグレード中に PVLAN プロパティがクリアされない

    ユーザーが rebootless_upgrade=false を使用してアップグレードを行い、ホストを再起動すると、HyperBus 接続が開始しません。

  • 解決した問題 2895275:TCP 接続が切断されるときに、その接続が非アクティブ リストに追加される。この接続は、新しい接続用の空きスペースを確保するため、ファイアウォールによって定期的にクリーンアップされる。非アクティブ リストが破損しているため、ファイアウォールが、メモリを使用し続ける接続をクリーンアップできない

    ファイアウォール内で接続の合計数に上限が設定されており、合計接続数がその上限に達すると、ファイアウォールで新しい接続が受け入れられなくなり、パケットがドロップします。この問題がユーザー環境で発生し、ファイアウォール (pfstatepl3) に関連するメモリ プールがメモリ不足になると、ファイアウォールで新しい接続が受け入れられなくなり、パケットがドロップされる可能性があります。

  • 解決した問題 2895991:有効期限のタイムアウトを過ぎても TCP 接続が持続する

    期限切れの接続により、新しい接続を確立できません。

  • 解決した問題 2897298:ファイアウォール サービスの初期化が不完全なため、ファイアウォール テーブルをクリーンアップできず、テーブル サイズが非常に大きくなる

    圧縮中に Proton サーバがクラッシュすると、REST API またはユーザー インターフェイスが使用できなくなる場合があります。

  • 解決した問題 2877986:ゲートウェイ ファイアウォール ポリシーで、リビジョン API の前後の挿入が期待どおり実行されない

    API を使用して既存のポリシーの前後に挿入を行うことができません。

  • 解決した問題 2899071:VXLAN カプセル化の後にパケット タイプが IPv4 に変更されないため、GRETAP インターフェイスで VLAN in および VXLAN out IPv6 トラフィックがドロップする

    VLAN in および VXLAN out IPv6 が機能しません。

  • 解決した問題 2891203:ESXi の MAC テーブルが更新されないため、RTEP Edge フェイルオーバーの後、フェデレーション サイト間通信が数分間停止する

    MAC テーブルに新しい Edge エントリが挿入されるまで、N-S トラフィックが 15 分間停止します。Edge クロスオーバーが発生すると、この停止が発生します。

既知の問題

  • 問題 2909448:L4 ロード バランサにトラフィックを送信するときにメモリ リークが発生する

    Edge のメモリが不足し、数時間後に L4 ロード バランサへのトラフィックが停止します。

    回避策:詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB87627 を参照してください。

  • 問題 2914711:Edge ノードで実行されている datapathd プロセスがクラッシュし、コア ダンプが生成される

    この問題が発生してコアダンプが生成されると、Edge フェイルオーバーがトリガされます。この間、トラフィックが停止します。

    回避策:なし。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon