vSphere ESXi 6.7 は、UDP で Receive Side Scaling (RSS) をサポートしています。これにより、スループットを大幅に改善することができます。この機能は、ネットワークの遅延と帯域幅の影響を受けやすいワークロードに使用します。パフォーマンス強化のため、NSX Edge の設定を更新します。

手順

  1. (オプション) すべての ESXi ホストが vSphere 6.7 Update 3 にアップグレードされている場合は、NSX Edge 仮想マシンのハードウェア バージョンをアップグレードします。
    仮想マシンのハードウェアのアップグレードに関する詳細については、VMware ナレッジベースの記事 https://kb.vmware.com/s/article/1010675 を参照してください。
    注: ESXi ホストのいずれかが vSphere 6.7 Update 3 以降にアップグレードされていない場合は、 NSX Edge 仮想マシンのハードウェア バージョンを更新しないでください。
  2. 管理者として vSphere Web Client にログインし、NSX Edge 仮想マシン (VM) が配置されている ESXi ホストに接続します。
  3. NSX Edge 仮想マシンをパワーオフします。
  4. ESXi ホストのデータストアから、<virtual_machine_file>.vmx ファイルをダウンロードします。
    リストア可能な .vmx ファイルのバックアップを作成して、ファイルを編集します。

    ファイルの編集方法については、VMware ナレッジベースの記事https://kb.vmware.com/s/article/1714https://kb.vmware.com/s/article/1020302を参照してください。

  5. 新しいプロパティ udpRSS=1 を追加します。
    すべての ESXi ホストが vSphere 6.7 Update 3 にアップグレードされ、 NSX Edge 仮想マシンのハードウェア バージョンをアップグレードした場合は、この手順をスキップします。
  6. 次のパラメータを追加します。
    ethernet0.pnicFeatures = "4"
    ethernet1.pnicFeatures = "4"
    ethernet2.pnicFeatures = "4"
    ethernet3.pnicFeatures = "4"

    NSX-T Data Center 3.1 より前のバージョン用に作成された Edge ノードの場合は、ethernetX.pnicFeatures 設定を手動で追加する必要があります。NSX-T Data Center 3.1 で作成された Edge ノード仮想マシンの場合は、この設定は .vmx ファイルにすでに適用されています。NSX-T Data Center 3.1 以降では、Edge ノード仮想マシンが再デプロイされたときに、ethernetX.pnicFeatures 設定が有効になります。

  7. 編集した .vmx ファイルのバックアップを保存します。
    設定の変更で、編集済みのバージョンが上書きされた場合は、関連するセクションをバックアップから現在のファイルにコピーします。 .vmx ファイル全体を古いバックアップと置き換えないでください。
  8. 編集した <virtual_machine_file>.vmx ファイルをデータストアにアップロードします。
  9. NSX Edge 仮想マシンをパワーオンします。