ホストをアップグレードした後、コントローラが切断されます。

問題

ホストをアップグレードした後に事後チェックを実行すると、[ノードの状態] にコントローラとの接続が切断されたことが示されます。

解決方法

  1. この問題が発生している EXSi ホストとの SSH セッションを開き、3 つの NSX Controller がいずれも接続中でないことを確認します。nsxcli -c get controllers コマンドを実行します。
    応答例:
    Controller IP    Port  SSL     Status       Is Physical Master   Session State    Controller FQDN
    192.168.60.5    1235  enabled  disconnected   true                  down          nsxmgr.corp.com
    
    動作中の構成で、2 つのコントローラが未使用状態と表示され、1 つのコントローラが接続状態になります。NSX Controller が接続状態になっている場合は、UI を更新して、状態が緑色になっていることを確認します。コントローラが未接続と表示されている場合は、次の手順に進みます。
  2. 管理者として NSX Manager ノードのいずれかに SSH セッションを開き、get certificate api thumbprint コマンドを実行します。
    コマンド出力は、この NSX Manager に固有の一連の英数字です。
  3. ESXi ホストで、ホスト証明書を管理プレーンにプッシュします。
    ESXi1> nsxcli -c push host-certificate <NSX Manager IP or FQDN> username admin thumbprint <thumbprint obtained in step #1>
    プロンプトが表示されたら、NSX Manager の管理者ユーザー パスワードを入力します。詳細については、『 NSX-T Data Center Command-Line Interface Reference』を参照してください。
  4. コントローラが接続状態であることを確認します。
    ESXi1> nsxcli -c get controllers
    該当のトランスポート ノードのユーザー インターフェイスで、コントローラの接続状態が緑色になっていることを確認します。
    この問題が解決しない場合は、ESXi ホストで次の NSX Services を再起動します。
    ESXi1> /etc/init.d/nsx-opsagent restart
    ESXi1> /etc/init.d/nsx-proxy restart