次のサブセクションでは、NSX アプライアンスのクラスタ要件と特定のサイト展開の推奨事項について説明します。

クラスタ要件

  • 本番環境では、管理プレーンと制御プレーンの停止を回避するため、NSX ManagerNSX フェデレーション環境のローカル マネージャ)またはグローバル マネージャ クラスタに 3 つのメンバーを用意する必要があります。

    クラスタ メンバーはそれぞれ固有のハイパーバイザー ホストに配置する必要があります。合計で 3 台の物理ハイパーバイザー ホストが必要です。1 台の物理ハイパーバイザー ホストの障害が NSX 制御プレーンに影響を及ぼさないようにするため、この設定が必要になります。3 つのすべてのクラスタ メンバーが異なるホストで実行されるように、非アフィニティ ルールの適用をおすすめします。

    通常の本番環境では、NSX Manager(NSX フェデレーション環境のローカル マネージャ)またはグローバル マネージャが 3 ノード クラスタで動作しています。ただし、一時的にノードを追加して、IP アドレスを変更することができます。

    重要: NSX Manager クラスタでは、クォーラムが動作している必要があります。つまり、メンバーの 3 つのうち少なくとも 2 つが実行中である必要があります。クォーラムが失われると、 NSX 管理プレーンと制御プレーンは機能しません。その結果、 NSX Manager のユーザー インターフェイスまたは API にアクセスできなくなり、管理プレーンを使用した構成を更新できなくなります。また、 NSX セグメントで仮想マシンを追加または vMotion することもできなくなります。Tier-0 の動的ルーティングは引き続き動作します。
  • 本番環境のワークロードを処理しないラボや事前検証 (POC) 環境の場合は、リソースを節約するため、単一の NSX Manager またはグローバル マネージャを実行することもできます。NSX Manager またはグローバル マネージャ ノードは、ESXi または KVM のいずれかに展開できます。ただし、ESXi と KVM の両方にマネージャを展開することはできません。

  • 本番環境に単一の NSX Manager またはグローバル マネージャを展開する場合は、マネージャ ノードのホスト クラスタで vSphere HA を有効にして、ESXi の障害発生時にマネージャ仮想マシンの自動リカバリを行うこともできます。vSphere HA の詳細については、vSphere ドキュメント センターにある『 vSphere の可用性』ガイドを参照してください。

vSphere HA によるリカバリ

NSX-T Data CentervSphere HA(高可用性)を使用すると、NSX Manager ノードを実行しているホストで障害が発生したときに、迅速にリカバリできます。vSphere 製品ドキュメントで「vSphere HA クラスタの作成と使用」を参照してください。