VMware NSX-T Data Center 3.1.3.7 | 2022 年 2 月 28 日 | ビルド 19380457

本リリース ノートの追加情報およびアップデート情報を定期的に確認してください。

リリース ノートの概要

NSX-T Data Center 3.1.3.7 は、以前のリリースで見つかった問題に対する重要なバグ修正を含むアップデート リリースです。このリリースで解決された問題については、以下の「解決した問題」を参照してください。現在の既知の問題については、『VMware NSX-T Data Center 3.1.3 リリース ノート』を参照してください。

NSX-T Data Center 3.1.3.7 に関する重要な情報

VMware NSX チームでは、NSX-T Data Center 3.1.3.6 の NSX-T Edge で問題が見つかったため、このリリースをダウンロード ページから削除し、NSX-T Data Center 3.1.3.7 に切り替えることにしました。

NSX-T Data Center 3.1.3.6 をダウンロードして展開したユーザーは引き続きサポートされますが、NSX-T Data Center 3.1.3.7 にアップグレードすることをお勧めします。詳細については、ナレッジベースの記事 KB87627 を参照してください。 

ドキュメントの改訂履歴

2022 年 2 月 28 日。初版。
2022 年 3 月 2 日。第 2 版。NSX-T Data Center 3.1.3.6 に関する重要な情報を追加しました。解決した問題 2909448 を追加しました。

解決した問題

  • 解決した問題 2914711:Edge ノードで実行されている datapathd プロセスがクラッシュし、コア ダンプが生成される

    この問題が発生してコアダンプが生成されると、Edge フェイルオーバーがトリガされます。この間、トラフィックが停止します。

  • 解決した問題 2901304:宛先 IP アドレスが実際の仮想マシンに関連付けられていない場合、ブロードキャスト ARP 要求が Edge 間でループすることがある

    これにより、Edge 間で ARP 要求がループし、学習スレッドがビジー状態になる可能性があります。一部の ARP プロセスが失敗する場合があります。

  • 解決した問題 2907266:ロード バランサの nginx プロセスが繰り返しクラッシュする

    パーシステンス、サーバ キープアライブ、アプリケーション ルールを一緒に有効にすると、Edge ロード バランサの nginx プロセスが繰り返しクラッシュします。ロード バランサ サービスが使用不能になることがあります。

  • 解決した問題 2897740:フェデレーション環境で IDS/IPS シグネチャを更新できない

    ユーザー インターフェイスの [今すぐ更新] ハイパーリンクを使用して、シグネチャのバージョンを更新できるようになりました。ただし、ハイパーリンクをクリックしても、タスクは完了しません。シグネチャの自動ダウンロードやオンデマンドのシグネチャ更新は機能しません。

  • 解決した問題 2909448:L4 ロード バランサにトラフィックを送信するときにメモリ リークが発生する

    Edge のメモリが不足し、数時間後に L4 ロード バランサへのトラフィックが停止します。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon