VMware Remote Console | 2019 年 6 月 25 日 | ビルド 14161502

各リリース ノートで、追加または更新された情報をご確認ください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

この VMware Remote Console のリリースでは、次の変更点が含まれています。

  • Python 2.7 (2.7.16)、OpenSSL (1.0.2r)、およびその他のオープンソース コンポーネントのアップデート バージョン
  • MacOS の完全認証
  • 解決した問題に記載されている追加の修正も行われています。

互換性およびインストール

このリリースは、次のホスト オペレーティング システムにインストールできます。

Windows 64 ビットおよび 32 ビット

  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

Mac

  • macOS 10.14
  • macOS 10.13
  • macOS 10.12

Linux

  • VMware Remote Console は通常、同時にリリースされる VMware Workstation バージョンと同じ Linux で実行します。詳細については、VMware 互換性ガイドを参照してください。

ドキュメント

VMware Remote Console のインストールと使用については、次のガイドを参照してください。

解決した問題

  • VMware Remote Console を表示する画面の DPI 設定を変更すると、仮想マシンとホストのマウス カーソルの位置が一致しない

    低 DPI の画面から高 DPI の画面に VMware Remote Console ウィンドウを移動するなど、DPI が変更された場合、マウス カーソルの位置が正しくオフセットされません。

    今回のリリースで、この問題は修正されました。

  • VMware Remote Console のログに、セッション接続と切断情報が含まれない

    リモート セッションが確立または終了すると、関連するログは記録されません。

    今回のリリースで、この問題は修正されました。

  • スマートカードを仮想マシン上の共有モードで使用できない

    仮想マシンでは、特定のスマートカードが正しく認識されませんでした。

    今回のリリースで、この問題は修正されました。

既知の問題

既知の問題には、次のトピックが含まれます。

Mac

このリリースでの既知の Mac の問題は次のとおりです。

  • VMware Remote Console が macOS 10.13 以降で起動しない

    macOS 10.13 以降で VMware Remote Console を起動しようとすると、Mac に System Extension Blocked というメッセージが表示されます。

    回避策:管理者権限を持つユーザーとして、[システム環境設定] > [セキュリティ] > [プライバシー] に移動します。[全般] タブで、ボタンの隣に VMware ソフトウェアがブロックされているというメッセージが表示されます。[許可] をクリックします。詳細については、ナレッジベースの記事 2151770 を参照してください。

  • デバイス オプション

    Mac で VMware Remote Console を実行すると、使用できないデバイス関連のオプションがあります。たとえば、新しいデバイスを追加したり、サウンド カードの設定を表示したりできません。Mac で使用できないオプションは、ドキュメントに記載されています。

Linux

このリリースでの既知の Linux の問題は次のとおりです。

  • 新しいバージョンの Linux ディストリビューションで、ターミナル ベースのインストールまたはオンライン アップグレードが失敗することがある

    VMware Remote Console のインストールには、バージョン 5 のncurses ライブラリが必要です。しかし、Fedora 28 や SUSE Linux Enterprise Server 15 などの Linux ディストリビューションの一部の新しいバージョンには、デフォルトでバージョン 6 のみが含まれています。これにより、オンライン アップグレードのプロセスとターミナル ベースのインストールのプロセスが中断することがあります。

    回避策:マシンに手動で ncurses 5 をインストールします。

    • Fedora 28 または 29 の場合は、dnf install ncurses-compat-libs.x86_64 コマンドを実行します。
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 の場合は、YaST を使用して ncurses 5 パッケージをインストールします。
  • VMware Remote Console と VMware Workstation を同一のコンピュータにインストールできない

    VMware Remote Console と VMware Workstation は一部のコンポーネントを共有しているため、両製品を同一の Linux マシンにインストールすることはできません。

    回避策:なし。

  • Wayland プロトコルはサポートされていない

    VMware Remote Console は Xorg を必要とします。Wayland セッションでインストールまたは実行しないでください。Fedora 25 などの Wayland を使用する新しいオペレーティング システムでインストール エラーが発生します。

    回避策:なし

  • ヘルプ リンクが機能しない

    VMware Remote Console 内から [ヘルプ] オプションをクリックすると、「ファイルが見つかりません」というエラーが表示されます。

    回避策:ブラウザから直接 https://docs.vmware.com/jp/VMware-Remote-Console/index.html を開きます。

  • 仮想マシンが自動的にパワーオンする

    VMware Remote Console がパワーオフ状態の仮想マシンに接続すると、仮想マシンを自動的にパワーオンします。

    回避策:なし

  • VMware Remote Console が自動的に閉じる

    リモートの仮想マシンがシャットダウンすると、VMware Remote Console が自動的に閉じます。

    回避策:なし

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon