VMware Remote Console | 2017 年 11 月 16 日 | ビルド 7096020

リリース ノートを確認して、最新の追加情報や更新情報を入手してください。

ドキュメントの最終更新日:2017 年 11 月 16 日

リリース ノートの概要

本リリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

VMware Remote Console 10.0.2 には、次の変更が含まれています。

  • Windows Server 2016 および macOS 10.13 のサポート
  • Windows インストーラが .msi 形式から .exe 形式に変わりました。
  • リリース プロセスで、VMware Remote Console プロジェクトが対応する Open Source Disclosure Package (ODP) をアップロードするようになりました。
  • zlib 圧縮ライブラリが 1.2.8 から 1.2.11 に更新されました。
  • libcurl データ転送ライブラリが 7.51.0 から 7.56.1 に更新されました。
  • OpenSSL が 1.0.2k から 1.0.2m に更新されました。
  • 解決した問題に記載されている追加の修正も行われています。

互換性およびインストール

このリリースは、次のホスト オペレーティング システムにインストールできます。

Windows 64 ビットおよび 32 ビット

  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7

Mac

  • macOS 10.13
  • macOS 10.12
  • Apple OS X 10.11
  • Apple OS X 10.10

Linux

  • VMware Remote Console は通常、同時にリリースされる VMware Workstation バージョンと同じ Linux で実行します。

    詳細については、VMware 互換性ガイドを参照してください。

ドキュメント

VMware Remote Console のインストールと使用については、次のガイドを参照してください。

vSphere 版 VMware Remote Console
vRealize Automation 版 VMware Remote Console

解決した問題

今回のリリースでは、次の問題が解決されました。

Windows

  • USB ドライバが、Microsoft の署名がない VMware Remote Console 10.0.0 および 10.0.1 から更新されました。
  • VMware Remote Console のインストール後に Windows USB Arbitration Service を開始できます。

    この問題は、特定のランタイム環境がない 64 ビットの Windows 8 でのみ発生します。デフォルトでは、ランタイム環境は Windows 8 に含まれていませんが、他のアプリケーションによって存在している場合もあります。

Mac

  • Mac インストーラが完了せず、アプリケーションを再起動しなければ終了しない問題を解決しました。

既知の問題

このリリースでの既知の問題点は次のとおりです。

全般的な問題

  • ESXi 5.1 にホストされている仮想マシンに接続できない

    ESXi 5.1 は、1.0 より新しい TLS バージョンをサポートしていません。次のようなエラーが発生します。
       Unable to connect to the MKS: Could not connect to pipe \\.\pipe\vmware-authdpipe within retry period.
    回避策:TLS 1.0 を使用するように VMware Remote Console を設定します。

    1. テキスト エディタで VMware Remote Console 設定ファイルを開きます。
       Windows
         C:\ProgramData\VMware\VMware Remote Console\config.ini
       Linux
         /etc/vmware/config
       Mac
         /Library/Preferences/VMware Remote Console/config
    2. TLS プロトコルのエントリを追加または編集します。TLS 1.0 を追加します。
      tls.protocols=tls1.0,tls1.1,tls1.2
    3. 設定ファイルを保存して閉じます。

  • vSphere Distributed Switch (vDS) ポート グループから NIC が切断する

    VMware Remote Console から接続して仮想マシンのネットワーク設定を編集しようとすると、「Invalid device network adapter」というエラーが発生します。
    回避策:ナレッジベースの記事 KB2151096のガイドラインに従います。

  • VMware Remote Console URL メッセージ

    Windows または Linuxのターミナル セッションから VMware Remote Console を起動すると、次のメッセージが表示される:
      このアプリケーションは vmrc URL から起動する必要があります。
    コマンドで URL を省略すると、このメッセージが表示されます。vSphere や vRealize Automation などのクライアントから VMware Remote Console を起動します。あるいは、vmrc://URL を使用します。
    VMware Remote Console コマンド ラインでヘルプを表示するには、次のコマンドを入力します。
      Windows
        vmrc.exe -?
      Linux
        vmrc --help
      Mac
        なし

Windows

  • キーボード フックのタイムアウト メッセージ

    仮想マシンに接続すると、VMware Remote Console に次のメッセージが表示される場合がある。
      「キーボードフックタイムアウト値が VMware Remote Console の推奨値に設定されていません。」
    [OK] をクリックしてタイムアウト値を更新し、Windows からログアウトして、更新が適用されることを確認します。

  • HCmon ドライバ エラー

    他の VMware アプリケーションがインストールされているシステムに VMware Remote Console をインストールすると、次のエラーが表示される場合がある。
      「HCmon ドライバのインストールに失敗しました」
    回避策:タスク マネージャーに移動して [サービス] タブを開き、VMUSBArbService を停止します。インストールを続行します。
    あるいは、管理者権限でコマンド プロンプトのウィンドウを開き、.exe インストーラを起動します。

Mac

  • VMware Remote Console が macOS 10.13 で起動しない

    macOS 10.13 で VMware Remote Console を起動しようとすると、Mac に System Extension Blocked というメッセージが表示されます。
    回避策:管理者権限を持つユーザーとして、[システム環境設定] > [セキュリティとプライバシー] に移動します。[全般] タブで、ボタンの隣に VMware ソフトウェアがブロックされているというメッセージが表示されます。[許可] をクリックします。詳細については、ナレッジベースの記事 2151770 を参照してください。

  • デバイス オプション

    Mac で VMware Remote Console を実行すると、使用できないデバイス関連のオプションがあります。たとえば、新しいデバイスを追加したり、サウンド カードの設定を表示したりできません。Mac で使用できないオプションは、ドキュメントに記載されています。

Linux

  • 更新がダウンロードおよびインストールされない

    vmrc:// リンクをクリックして、ブラウザから VMware Remote Console を起動します。VMware Remote Console の更新をダウンロードおよびインストールしようとすると、ダウンロード中に次のエラーが表示されます。
      ファイルの読み取り/書き込み中にエラーが発生しました。後で再試行し、問題が解決しない場合は、システム管理者に問い合わせてください
    回避策:次のいずれかの操作を行います。

    • 最低限構文的に実行可能な URL を使用して、VMware Remote Console をコマンドラインから起動します。例:
        sudo vmrc vmrc://x/?moid=x
    • https://www.vmware.com/go/download-vmrc から更新をダウンロードし、手動で適用します。

    回避策のいずれかを使用した後、更新はインストールされますが、VMware Remote Console に次のエラーが表示されます。
      VMware Remote Console のインストールが失敗しました。VMware サポートまたはシステム管理者に問い合わせてください。
    VMware Remote Console を閉じてから、再起動します。[ヘルプ] > [VMware Remote Console のバージョン情報] の順に選択して、更新がインストールされていることを確認します。

  • Debian 8.7.1 の VMware Remote Console でリモート仮想マシンを開けない

    Debian 8.7.1 に VMware Remote Console を正常にインストールしても起動しません。コンソールから実行すると、次のメッセージが表示されます。
      Loop on signal 11.
    /tmp/vmware-$USER/ のログ ファイルにパニックとバックトレースが記録されます。
    回避策:VMware Remote Console 9.0 を使用してください。

  • Ubuntu 17.04 の VMware Remote Console に証明書が表示されない

    Ubuntu 17.04 で、VMware Remote Console を使用して無効または信頼できないセキュリティ証明書を持つ ESXi ホストに接続すると、証明書の警告が表示されます。検査のため、証明書をクリックして表示すると、空のダイアログが表示されます。ダイアログの終了以外は何もできません。
    回避策:なし

  • Wayland プロトコルはサポートされていない

    VMware Remote Console は Xorg を必要とします。Wayland セッションでインストールまたは実行しないでください。Fedora 25 などの Wayland を使用する新しいオペレーティング システムでインストール エラーが発生します。
    回避策:なし

  • ヘルプ リンクが機能しない

    VMware Remote Console 内から [ヘルプ] オプションをクリックすると、「ファイルが見つかりません」というエラーが表示されます。
    回避策:ブラウザで http://www.vmware.com/jp/support/support-resources/pubs/vmrc_pubs.html を直接開いてください。

  • 仮想マシンが自動的にパワーオンする

    VMware Remote Console がパワーオフ状態の仮想マシンに接続すると、仮想マシンを自動的にパワーオンします。
    回避策:なし

  • VMware Remote Console が自動的に閉じる

    リモートの仮想マシンがシャットダウンすると、VMware Remote Console が自動的に閉じます。
    回避策:なし

  • VMware Workstation または VMware Workstation Player

    VMware Workstation または VMware Workstation Player をインストール済みのマシンに VMware Remote Console を同時にインストールできません。
    回避策:なし

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon