このセクションでは、VMware SD-WAN ソリューションのコンポーネントについて説明します。

VMware SD-WAN Edge

シン「Edge」は、アプリケーションや仮想サービスへのセキュアで最適化された接続のため、IT 部門が介入せずにクラウドからプロビジョニングされます。SD-WAN Edges は、プライベート、パブリック、ハイブリッドの各アプリケーション、コンピューティング サービス、仮想サービスへのセキュアで最適化された接続を提供する、完全に自動化されたエンタープライズ クラスのデバイスまたは仮想ソフトウェアです。SD-WAN Edges は、仮想ネットワーク機能 (VNF) サービスをホストするだけでなく、アプリケーションの詳細な認識、アプリケーション ステアリングとパケット別ステアリング、オンデマンドの修正パフォーマンス メトリック、エンドツーエンドのサービス品質 (QoS) を可能にします。Edge ペアを展開して、高可用性 (HA) を実現することができます。Edge は、ブランチ、大規模サイト、およびデータセンターに展開することができます。その他のすべてのネットワーク インフラストラクチャは、クラウドでオンデマンドで提供されます。

VMware SD-WAN Orchestrator は、エンタープライズ全体の構成とリアルタイムの監視の一元管理だけでなく、SDWAN オーバーレイ ネットワークの流入または経由データの調整も実現します。さらに、中央と各地域のエンタープライズ サービス ハブ内およびクラウド内で、すべての Edge に仮想サービスをワンクリックでプロビジョニングすることも可能にします。

VMware SD-WAN Gateways

VMware SD-WAN ネットワークは、世界中の上位層ネットワーク POP(ポイント オブ プレゼンス)とクラウド データセンターに展開されたゲートウェイで構成され、SaaS、IaaS、およびクラウド ネットワーク サービスの手前まで SD-WAN サービスを提供するとともに、プライベート バックボーンへのアクセスを実現します。マルチテナントの仮想ゲートウェイが、VMware SD-WAN 経由とクラウド サービス プロバイダ パートナーの両方によって展開されます。ゲートウェイは、ゼロインストール アプリケーションだけでなく、クラウドの宛先への最適パスのための拡張可能なオンデマンドの冗長クラウド ネットワークのメリットも提供します。

また、SD-WAN Gateways を使用してクラウド Edge を構成し、インターネット受信ファイアウォールによる保護を実現することもできます。