SD-WAN Hub および VMware SD-WAN ブランチ構成(ゴールド、シルバー、ブロンズ ブランチ)を含むデータセンターのトポロジは、MPLS とインターネット接続の両方を使用して構成されます。レガシー ブランチが存在する場合はレガシー ブランチ構成(SD-WAN Edge を含まないもの)が含まれ、ハブとブランチの構成が変更されます。

以下の図は、MPLS とインターネットを使用して相互接続された 2 つのデータセンター ハブと各種のブランチ(ゴールド、シルバー、ブロンズ)を含むトポロジの例を示しています。この例を使用して、データセンターとブランチの構成に必要な個々の作業について説明します。ユーザーが、このドキュメントの既出のセクションに記載されている概念と構成の詳細について理解していることを前提とします。このセクションでは、主に、各トポロジに必要なネットワーク構成、プロファイル デバイス設定、Edge 構成について重点的に説明します。

トラフィックのリダイレクト、制御ルーティング(バックホール トラフィックや VPN など)、および Edge のフェイルオーバーに関するその他の構成手順も紹介します。

topology-overview-2-0-newer

このセクションでは、各種のデータセンターやブランチを含むトポロジに必要な構成に重点を置いて、構成を完了させるために必要なネットワーク、プロファイル/Edge デバイスの設定、およびプロファイル/Edge ビジネス ポリシーについて説明します。ネットワーク サービス、デバイス Wi-Fi 無線、認証、SNMP、NetFlow 設定など、完全な構成のために必要になる場合がある補足的な構成の手順については説明していません。