VMware SD-WAN Virtual Edge は、cloud-init 構成ファイルを使用して KVM および VMware ESXi にインストールすることができます。cloud-init 構成には、Edge のインターフェイス構成とアクティベーション キーが含まれています。

前提条件

cloud-init メタデータ ファイルと user-data ファイルが作成されており、ファイルが ISO イメージ ファイルにパッケージ化されていることを確認します。手順については、cloud-init の作成を参照してください。

KVM では、仮想マシンにネットワークを提供する方法が複数あります。VMware SD-WAN では、次のオプションが推奨されています。

  • SR-IOV
  • Linux ブリッジ
  • OpenVSwitch ブリッジ
SR-IOV モードを使用する場合は、KVM および VMware で SR-IOV を有効にします。手順については、以下を参照してください。

VMware SD-WAN Virtual Edge をインストールするには: